オーナー谷のアトリエ探訪

こちらの作品、ひと目見て思わず「かわいい!」と声が出ちゃいませんか。
ポーランドの首都ワルシャワにアトリエを構えるFenek Studioの作品です。
2014年にスタートし、陶器はポーランドの土を使ってハンドメイドで作られています。

東京幡ヶ谷の大人気焼き菓子店Sunday Bake Shopさんにイベントの打ち合わせにお伺いした時、ショーケースに入っていた個性的な顔の作品たち。
それが僕とFenek Studioの出会いでした。

「可愛い、可愛い」と見ていると、島崎さんと松政さんのお気に入りでポーランドに実際に見に行って買ってきたと言うではないですか。
その場で話は盛り上がり僕がポーランドに行って話をしてきて、いつか一緒にイベントとかやりたいね!ということになりました。

翌日さっそく取引をしたいと連絡を取り、フランス出張に合わせて行き先にポーランドを加えました。
そして実現したアトリエ訪問!

小さな小さなキッチンがついていて、お店のような作業場のような家のようなアトリエでした。
お風呂とかキッチンとか昔のお部屋と思われる名残があるのが面白かったです。

何より新鮮に感じたのが、お茶を飲んで会話を楽しみながら制作をしていること。
作家さんというと一人黙々と作品と向き合うというイメージがあったので、ワイワイ作業をしているのを良いなぁと思いました。

明るいけど少し慎ましい、日本人にも通じるところがある雰囲気にも好感がもてました。

彼女達が作る愛嬌を感じるちょっと変わった陶器たち。

実際に作陶されている和やかな現場を見て作風を納得しました。実験的に、言うなれば好き勝手作りたいものを作っている姿を魅力に感じました。

最初、卸すことに難色を示されたのですが、実際に足を運んでいたこともありなんとかクリア。
今回ご紹介するのは、ポーランドで直接僕が選んできたアイテムです。
一つ一つハンドメイドで作られているからこそ同じものは一点もないですよ。

不動前店で一足先にご紹介した時、皆さんの反応も良いので先方も喜んでくれています!
日本で扱っているところがまだないので、このご縁を繋いでいきたいなぁと思っています。