とらわれない、自由な発想から

11月13日より不動前店にて、陶芸家、今井律湖さんの個展を開催いたします。
(→個展のご案内ページはこちら

イギリスで陶芸を学んだ経験のある今井さんの器は、自由な感性を持ちながらも、使い手に寄り添った優しさを感じます。
今回は今井さんに作品作りに関して、お話をお伺いしました!

イギリスで陶芸を学ばれたとのことですが、海外留学経験が作品や作品作りに対して与えた影響はありますか?

あると思います。日本で学ぶ陶芸では当たり前とされている制作プロセスがイギリスでは全く重要視されていなかったり、そもそも形を作るときの順番や方法や使う道具も日本とは大きく異なり、その良し悪しはそれぞれあると思いますが、より自由に粘土に向きあえるきっかけになったと思います。自分がどの国で活動するかにもよりますが、自分が何を作るのかは日本のみでの感覚よりずっと自由に視野を広く選択している気がします。

絵皿を壁にかけるという文化はヨーロッパではポピュラーかと思いますが、日本では「器は料理を載せるもの」という意識が強いように感じます。
しかし、今井さんの作品は絵皿や陶板、人ポットなど、飾って楽しむことができる作品が多く、「器って自由なんだ」と訴えかけられているようにも感じます。

今井さんの「飾る」ことに対する考え方や想い、こんな風に楽しんで欲しい、などありましたら教えてください。

私はあまり家にものが多いのは好きではなくて、ただ飾るだけのものに家の中が占領されていくのは嫌だなと思うんですね。でも何か用途があれば使いながら楽しむこともできて、使わない時は飾っておけばいい、そういうものだったら自分が自由に作ったものを人様にお譲りしても大丈夫かな、と思うのかもしれません。陶板はささやかな絵のように、人ポットは小物入れに、絵皿は食卓で使ってもいいし絵として飾ってもいい、花器だったら花がない時も出しっぱなしにしておきたくなるような佇まいもの、そういう考えと自分の自由な気持ちをバランスをとりながら作っている感じです。

今回ご用意いただきました絵皿や陶板は、オリエンタルな雰囲気で、一つ一つ開梱している時、インディ・ジョーンズ気分で発掘しているような楽しさがありました!

描く上でインスピレーションをうけているものなどありますか?

インスピレーションは世界中に散らばる昔の人が作ったものから受けることが多いです。地域、年代、材質問わずです。昔から美術館や博物館が大好きで、今も(コロナが始まってからは行けていませんが)頻繁にいろんなところに見に行っています。

絵皿はどのように制作されているのでしょうか。

まずは、ろくろで生地を挽きます。その後、高台を削りあらかた乾いたら絵を描く面に白化粧を施し、白泥が乾かないうちに一気に描きます。乾燥させ素焼きをし、筆やスポイトで一色ずつ色付けをした後、本焼きをして完成です。

陶板は登り窯で制作されたとのことですが、登り窯ならではの良さ、そして反対に難しさがあれば教えてください。

今回お送りした陶板に登り窯の面白さがとてもよく現れていると思います。強い炎で煽るので歪んだりブクやヒビが出たりとB品になってしまうものが多いのは難しいところかと思いますが、焼きが甘いのが逆に良かったり、炎が通った後の生地の肌がとても美しかったり、灰をかぶって思いも寄らない景色に仕上がったりと、自分ではコントロールできない魅力を発見できたりします。

今回の個展に向けて、お客様にメッセージをお願いいたします。

このような時期ですが、楽しみにしてくださる方、お運びくださる方にはとても感謝しています。私はいつも通り湧き上がるものを淡々と形にしている感覚ですが、その一つ一つがそれぞれの気に入ってくださる方の元へゆけたら嬉しく思います。楽しんでいただけたら幸いです。

今回の個展では、どこか異国の雰囲気を感じる絵皿や陶板だけでなく、人気の人ポット、和洋問わず使いやすいプレートやマグカップなどもご用意して頂きます!

この機会にぜひお手にとってみてください。

アップデートされた伝統工芸

今年の2月オーナーの谷がインドへ買い付けに行ってきました!
そこで、とあるファブリックブランドを紹介され、とても美しく洗練されたカンタに出会いました。

「これってカンタなの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、伝統的なカンタステッチのパターンを用いて、職人さんが手作業で制作されています。

通常のカンタは職人さんの感性のままに、様々な柄や色の生地を組み合わせていきますが、このファブリックブランドでは生地を色ごとにストックして、どの色をどのような組み合わせで縫い合わせていくかを正確に決めて制作されています。

このように色ごとに、インド綿やシルク、ヴィンテージサリーなどの生地をストックしています。

そして、それぞれのパーツに番号をふって、どこにどの色を使うかを決めて制作されているため、個性を残しながらも統一感のあるカンタを制作することができます。

通常のカンタとは異なり、まさに現代的にアップデートされたカンタなのです!

今回はピンク、ホワイトに加え、ブルーの色をオルネ用にカスタマイズしたブルーグレーの3色をご用意しました。ブルーグレーはグレーを加えることで、落ち着いた色味に、でも暗くなりすぎないように、何度も試作をお願いし、ようやく完成した自信作です!


生地パーツは無地のものが多いのですが、生地感の違いや細かなステッチに個性が出ていて面白いですよ。

また、このカンタは見た目の美しさだけでなく、手触りにもこだわって作られています。マルチカバーやピローケースは生活の中でも身近な存在。やはり気持ちが良い方が良いですよね。

キルト芯にインド綿、シルク、ヴィンテージサリーの生地を重ね合わせているため、軽く、手触りが柔らかいのが特徴です。

このように切りっぱなしの生地を、縫い込まずに、フラットになるように重ねていくことで、更に柔らかくなるそうですよ。

マルチカバーは様々なベッドでお使い頂けるように、元の大きさより、少し大きめサイズで作ってもらいました!ベッドだけでなく、ソファもすっぽり覆うことができる安心サイズです。

カンタはソファやベッドに掛ける以外にも、折り畳んだり、敷いたり、使い方は十人十色!

今回入荷するカンタは特に使いやすさ満点です!
みなさま是非お部屋のどこに取り入れようか想像してみてくださいね。

*こちらの商品は10/30(金) 夕方以降にWEBショップにて販売いたします。

ヨーロッパスタイルの「灯り」で楽しむおうち時間

ぐっと肌寒くなってきたこの頃、視覚からも温かさを感じてみませんか?

クリスマス限定のように捉えがちな「イルミネーション」ですが、実は普段の暮らしにもっと取り入れて欲しいアイテムなんです。

きっかけは、オーナーの谷がパリの街で見かけた、とあるライト。
冬の期間、地域ごとに多様なイルミネーションが施される中で、心に残る素敵なものがありました。

大げさではないけれど心が華やぐような、シンプルで大人っぽい雰囲気。日常でも、こんな風にさらりと「灯り」を取り入れてみたいな、と思わせるものでした。

その後、イギリスメーカーのアイテムで雰囲気の近いものを発見!
電源部分は当店で加工し、日本仕様に。ようやく皆さんにもお届けできることとなりました。

そのデザインは繊細で、光のオブジェとも言える佇まい。上品な存在感で、季節を問わず、明るい時間帯でも楽しめるアイテムです。

インテリアとして灯りを取り入れるのは、一室一灯が基本の日本では馴染みが薄いものですが、空間の雰囲気作りにおいては重要な要素。

いくつか灯りがあると、少しずつ点灯したり、消灯したり。時間帯や気分に合わせて変化を付けることができます。

イルミネーションライトは軽く、設置も移動も簡単なので、はじめの一歩としてもおすすめです。

▼商品ページはこちらから
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000011429

カンタの製作現場を訪ねました!

今年の2月にオーナーの谷がインドを訪れた際に買い付けたカンタが先日入荷いたしました!WEBショップに入荷するまで、もう少しお待ちくださいね。

オルネではカンタのマルチカバーやクッションなどお取り扱いしておりますが、実ははじめてのインドだったそうです^^

インドではカンタ製作の現場をいくつか訪ねたとのこと。
今回はその様子も交えながら、カンタについてご紹介していきたいと思います。

元々はインドやパキスタンなど遊牧民の家庭で、古くなったサリーや腰布などのハギレを縫い合わせて、刺繍して使われていたのがはじまりで、嫁入り道具として母から娘へ長い間受け継がれてきた伝統工芸品です。
家財道具にかけたり包んだり、また敷物として使用したりと日常の暮らしに寄り添ってきました。

現在では海外でも注目され、インド国内でもおもてなしの場で使われることも多いとか。オーナーの谷が宿泊したホテルではカンタのマルチカバーがベッドカバーとして使用されていたそうですよ!

*Buyer’s Voice*
なぜカンタを取り扱おうと?
サリーにも流行りがあるので、どうしても使わなくなったもの、余ってしまうものがあります。
カンタはそのようなサリーや腰布などのハギレを使って作られているので、布を組み合わせたり、刺し子を施して丈夫にしています。
それはどこか日本の着物文化に近しいものがあるなと興味をもったのがきっかけです。

カンタ製作の現場はいかがでしたか?
今回は何軒か訪ねたのですが、大きい工場のようなところ、普通の家のようなところで少人数で製作しているところなど様々でした。
以前は女性が作り手だったようですが、現在は男性も製作に携わることもあるようです。

これは刺し子を施している様子です。1針1針丁寧に。シンプルに等間隔に縫っているものもあれば、柄のようなデザインもあります。

これは大きめの工場を訪ねた際の写真です。
最終的な仕上げや補修をしているところです。

布の貼り合わせ方、ステッチの仕方、生地の厚みや、どのような柄が入っているか、1つとして同じものがありません。

インドから商品が届いたら、私達スタッフで1枚1枚広げて、穴や汚れなどないか確認するのですが、大きさや厚みも違いますし、少し斜めになっているもの、フリンジがついているもの、それぞれ個性的です。スタッフ同士で「この柄可愛い!」「ここシルクっぽい質感だね!」「裏表で雰囲気かなり違うよ!」というように、実際にお買い物をしている感覚で楽しみながら検品しています。

みなさまにとってお気に入りの1枚が見つかりますように。

チーコさんのお花講座〜ストーンウェアベース〜

デンマークからストーンウェアのベースが届きました!

今回はなんと!東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんにお花を生けて頂きました!

とっても可愛い…!!!

Foragerさんが扱っているのは「普通なら脇役になる花」がほとんどで、気軽に部屋に飾れるような、おだやかな印象の花が並んでいます。

今回は見慣れないお花や動きの面白い葉を持ってきてくださったので、スタッフみんなでずっと可愛い!って言いながら、わいわいと楽しくチーコさんにお花を生ける時のポイントを教えて頂きましたので、皆さまにご紹介いたします!

このストーンウェアベースにはどんな風にお花を生けたら良いですか?

このベースは重心がずれているのが面白いですよね。
口が細めなので、シンプルに1種類生けがオススメ!
お水が汚れにくいので、長持ちしやすいですよ。

ベースを何種類か並べても可愛いと思います。
高さがあるタイプは細いお花やグリーンが、低めでぽってりとしたタイプは横に垂れるような、ボリューム感のあるお花が合わせやすいですよ。

高さがあって細いお花は高低差をつけながら、バランスを整えて、リズム感を出すように生けると面白いです!

ちなみにチーコさんのオススメは黄色のベースだそうですよ!
今回は動きの面白い(ちなみにネギの仲間!)グリーンを生けて頂きましたが、お花屋さんでよく扱ってるサイズで生けられるので、買ってそのままぱっと生けることができて使いやすいとのこと。

花とベースの高さのバランスって難しいですよね、結構失敗しがちです…

ボリューム感がある花は、花とベースの高さが1:1になるように切ったらバランスよくなりますよ。
高さがあって、細めの花はベースの1.5倍くらいの高さで切ると良いと思います。

花の高さに関しては、以前フラワースタイリストの増田由希子さんにも教えて頂きましたね。
「お花のキホン」という記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください!

 

 

つづきまして、ストーンウェアジャグ!

先ほどのベースと比べると、合わせる花もガラリと変わりそうですがどんな風にお花を生けたら良いですか?

このストーンウェアジャグを見たとき、ぱっと映画「かもめ食堂」が思い浮かびました!
食卓に飾るにはちょうどいいサイズで、使いやすそうですね。

また切り戻しをして茎が短くなってしまった時に、こういう小さなジャグに生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

(切り戻しとは•••水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。)

先ほどのベースと比べると、広口なので、
コンパクトになりすぎないように、葉でボリューム感を出すのがオススメです。

またどちらかの面にまとめるとしたら、前側にまとめるべし!とのことです。今回生けて頂いたものを上から見てみるとこんな感じ。

グリーンとの合わせ方のポイントってありますか?
質感や色味を合わせるとまとまりやすいですね。


例えば、この花びらのグリーンと葉の色は近いので相性が良いです。
でもくすみグリーンのような色味の葉を使うことで、全体の雰囲気を少し大人っぽく仕上げています。

逆に、元々の花の葉っぱと全然違う葉ものを合わせるのも、自然界ではあり得ない世界観を表現できるので面白いですよ!

 

こうしてお花を生けるポイントを伺うと実際に生けてみたくなりますよね。皆さまもぜひ試してみてください!