造花のある暮らし

みなさま、造花というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

実は近年、インテリア業界では造花の新しい波がきています。
クオリティが上がっていて、海外でも造花をよく目にするようになってきました。

今回は、暮らしが楽しくなる造花の取り入れ方をインテリアスタイリストの中田由美さんに教わりました!
今までの造花のイメージが覆るような素敵なスタイリングをしてくださいましたので、中田さんにお話をお伺いしながらご紹介いたします!

造花を使ったスタイリングはいかがでしたか?

造花は光や水のことなどを考えなくてよいので、置く場所に制限がなく自由度が高いと思いました。
例えば、閉じられた場所や高い場所。
生花だとメンテナンスが難しかったり、ドライフラワーだと崩れることがあったりと、お花やグリーンを取り入れるのが難しいかな?と思っていた場所に是非造花を取り入れてみてほしいですね。

ガラスドームの中にちょこんと造花を

また、実際にスタイリングしてみて、造花ならではの楽しみ方も色々と見つかりました!
造花はお花の可愛らしさもありつつ、オブジェやプロダクトのような感覚でも扱えます。

茎のワイヤーの特性を生かして遊んでみるのも面白いですし、細かく枝分かれしている造花はバラして、余すことなく楽しむことができます。

太くて切りにくい場合は、周りをハサミで少し切ってから、ペンチでワイヤーを切ってみてください
中のワイヤーを活かして、カーテンタッセルのように!

造花というとプラスチック感が強いものも多いですが、今回オルネでお取り扱いされる造花はしっとりとした質感のものが多いので、空間に馴染みやすいと思います。

今回のスタイリングについて教えてください!

全体的に北欧のソフトミニマルなトーンからインスパイアされたモノトーンやニュートラルカラーでまとめています。
そこに造花の魅力でもある色をコーナーごとにインテリアにマッチするよう組合せています。
また、落ち着いた空間の中にも、季節的に軽やかさも欲しいので、ガラスやラタン、リネンなど合わせていくモノの質感で季節感も一緒に楽しめるようにしました!

壁面に1本そのままバサッとしたものを貼ってもポイントになるし、バラして余ったものをちょこっと貼っても可愛いですよ。
ボリュームのあるものとラインの細いものとをあわせるとよりリズム感が生まれます。

ドライフラワーよりも気兼ねなく扱えるから、気分によって場所を変えられるのも造花ならではの良いところですね。
お気に入りの写真やグラフィックと合わせたり、自分らしさやテンションアップ!なコーナーを壁面に作ることができるので、自由な感覚で楽しんでみてほしいです。

高い位置に置く場合、水の取り替えは大変ですし、生花は難しいですよね。
でも寂しくなりがちな棚の上段に華やかさが欲しい!そんな時は造花がオススメです。
ドライフラワーより選べる色の幅が広いから、インテリアに合わせて色をセレクトできるのも造花ならでは。
今回はシックな雰囲気にしたかったので、シェルフ下段に飾ったアイテムの色に合うよう、上段にはダークカラーの造花をセレクトしています。

大胆に造花を切り離して、花器に合うように気持よいボリュームを探ってみても楽しいですよ。
そんな小さな気遣いが、いけたあとの見た目の違いを生んでくれるし、自分にとって気持ちの良いバランスってなんだろう?と考えることが、お花や花器、それに対する自分の感覚の発見につながります。

また、切り離して余ってしまったものは、ケースの中に飾ってみても。
ドライフラワーに比べると色が鮮やか、という点も気分があがるポイントかもしれません。
茎のワイヤーがある程度好きな方向に向けられるので、入れるものに合わせて枝の向きを微調整できるのも造花の良さですね。

なんでもない小さなもの達との組合せも、造花のかわいらしさでなんだか特別なものに見えてきますよ。

こちらで使用している造花はサイズが大きいので、長さを短く調整して先をフックのように曲げています

造花は茎がワイヤーなのでフック状にできます。
結んで止めて、のような作業がなく、掛けるだけなので素早くデコレーションが完成できます。
今回はたくさん掛けて小さなカーテンのようにしましたが、例えば、壁に麻ひもをマスキングテープでとめて掛けてガーランドのようにもできるし、フックがあればフックにさっと1つ掛けてもその場所に華やかさが生まれますよ。

茎のワイヤーを利用して、ナプキンリングのように巻くと簡単なおもてなしのデコレーションの完成。
これは造花をバラした時の残りを使ってみました!
何度も使えるのもうれしいポイント。
シックなカラーのテーブルコーディネートは鮮やかな造花の色が良いアクセントになります。

大きめの造花は1本でもボリューム感たっぷりなので、大胆に床置きにしてみました。
空間に華やかさがでて、家具の横にそっと添えると、小さな森のような景色になりました。


窓際には1本でも様になるものものをさっといけてみました。
合わせるときに色のトーンを揃えると簡単にコーナーにまとまりがでます。

同じ色をまとめていけてもシックですよ。
光のきれいな場所にはガラス花器の透明感や軽やかさがピッタリ。
お花に合わせて花器の色をコーディネートしても楽しいし、その逆パターンも。

ケース内や小皿に置いたり。ここでも余った枝が大活躍!

中田さん、素敵なスタイリング、そして貴重なお話をありがとうございました!

DIY感覚で様々な楽しみ方ができるのは、造花ならではの良さですよね!お部屋の雰囲気や季節に合わせて、「造花」という新たなアイテムで彩りや遊び心を加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


中田さん*中田 由美|インテリアスタイリスト*

建築を学んだ後、2005年よりスタイリスト神林千夏氏(Studio Early Birds)に師事。
2013年フリーランスとして独立。インテリア誌や広告等撮影のスタイリングを中心に、イベントの展示構成や、ショップやウィンドウディスプイのディレクションやデコレーション等、空間とモノにまつわることを幅広く手がける。

https://www.instagram.com/yumi909/

なんだかくすっと笑ってしまう、唯一無二のイキモノの世界

昨年からオルネでお取り扱いがはじまりました、廣田哲哉さんの作品をご紹介します。

廣田さんは茨城県笠間市にて、手びねりという、ひとつひとつ手で成形する技法で制作されています。
廣田さんの頭の中から生まれた架空のイキモノたちは愛くるしく、まるでイキモノたちがうつわに化けているような、どこかシュールでじわじわとくる魅力があります。
オブジェのようだけれど、きちんと使える、そんなユニークさ持ち合わせたうつわたちです。

*Buyer’s Voice*
廣田さんとの出会いは益子の陶器市でした。
動物モチーフの可愛らしい作品とは一線を画す、甘すぎず、どこか毒っけのある作品に目が惹かれました。
じっくり見てみると、細部にまで造形のこだわりがあって、その技術の高さに驚きました。
アスティエの食器のような、綺麗な食卓に、廣田さんの醤油さしが加わるときっと面白いだろうなと思っています。
また、アンティークとの合わせも良さそうですね。
特にティーポットは、ロシアやフランスのアンティークに通じるものがあると思いました。

 

今回は廣田さんに作品に関して、色々とお話を伺ったのでご紹介します!

廣田さんにしか表現できない世界観が人気ですが、イキモノシリーズを作るきっかけを教えてください
小さい頃から食卓の器に生き物が混ざったようなモノがあったらともやもやしていました。
焼き物やり始めて、古い焼き物を調べていたら、中国の唐の時代の古陶磁器の作品で顔のついた鳳凰の壺みたいなものやミックスされているものを発見して、こういうスタイルをもうちょっとポップにアレンジしていきたいと思うようになりました。 

※上記写真の中には入荷しない作品もございますのでご注意ください

作品を制作する上で心がけていること、こだわっていることは何ですか?
イキモノの器の顔の位置とか大きさはすごく気にしてる気がします。器に対して心地良い大きさと場所を探してる感じです。その上で顔の表情がかわいくなったらいいなと思ってます。

作品を制作する上で大変なこと、苦労していることがあれば教えて下さい
手びねりで一個ずつ作って、彫ったりしてるので、シンプルな轆轤の器に比べると時間がかかってしまうんですが、そこを続けて強みにしていきたいです。

自由な造形だけでなく、まるで絵本から飛び出したような色使いも廣田さんの作品の魅力の一つですが、釉薬のこだわりなどあれば教えてください
中国の顔のついた焼き物がいいなと思ったんですが、色合い渋いモノばかりな印象で、釉薬で親しみやすい色合いにアレンジできないかなという想いがありました。
例えば、ディズニーのキャラクターの色合いにしたら面白そうだなとか。
釉薬は常にテストピースを窯に入れて色々試した(約1500ピースの)中から、普段使うもの10種類くらいに絞って使ってます。使いたい釉薬が多すぎて、白黒以外の色はメンバーが変わったりしてます。

配色は何パターンも実験してというストイックな感じではなくて、はじめは遊びながら直感で色付けして、良かった部分を残してを繰り返して今に至ります。
最近は、目と鼻の色はパターンを決めていて、耳の中とか、首とか蓋物のつまみとか装飾の部分の色はあまり決めすぎず遊びながら色付けしてる気がします。
形の成形の段階で色付けしやすいような模様とかをあらかじめ作っておいて、色付けの時に直感で付けるのが好きです。窯から出てきた時に自分もびっくり出来るポイントを作りたくて、遊びの部分を作ってます。

 

※上記作品は入荷いたしませんのでご注意ください

みなさま、いかがでしたか?
以前オルネにご来店頂いた際にお話させて頂きましたが、とっても素敵な方で、人柄や作品作りに対する想いが作品に表れているように感じます。
前回不動前店で開催した「ふしぎないきもの展」で廣田さんの作品をご購入くださったお客様が「この子をお迎えできてよかったです」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。
「買う」ではなく「お迎えする」と表現したくなる、そんな作品たちです。

[廣田哲哉 profile]
1985年 奈良生まれ
2009年 武蔵野美術大学陶磁コース卒業
笠間焼製陶所勤務
2014年 独立

SOUVENIR de PARIS 朱美さんに聞くモロッコラグの魅力

今回はSOUVENIR de PARISの山端朱美さんにモロッコラグ、特にボシャルウィットとザナフィについて、現地モロッコを知る朱美さんならではの視点で魅力を語っていただきました!

*ボシャルウィットとは?*
モロッコ各地のベルベル人女性達によって織られています。
「シャルウィット」はベルベル語で端切れという意味で、服の端切などのリサイクルクロスが織り込まれています。
ベルベル民族が遊牧生活から定住生活へと生活スタイルが変化していく中で、羊を飼う必要がなくなり、ウールの代わりに自分たちの古着を裂いて織りはじめたそうです。
元々は自分たちの生活のため、嫁入り道具として織られていたものですが、アート性も高く世界的にも評価が高まっています。

ボシャルウィットは裂かれた布が毛足としてふさふさしており、足触りが良いのが特徴です。 裏面も丁寧に織られています。

朱美さんの考えるボシャルウィットの魅力とはどんなところですか?

もともとの素材が1点1点違いますし、色の合わせ方や柄などは織っている職人の感性によるので、全く同じものが存在しないところですね。
彼女たちの発想は非常に豊かで、まるでひとつの絵のようだと感じました。
カラフルで、気持ちもお部屋の雰囲気も明るくなりますよね!

実際にお部屋に取り入れる時は、たくさんの色が入っているので、その中から印象的な色を選んで、つなげてリンクさせると空間にまとまりが出ますよ。
例えばピンクが入っていたら、ピンク系のクッションと合わせてみたり、グリーンが入っていたら、本物のグリーンをそばに置いてみたり。
色物は難しく考える必要はなくて、色をひろって、つなげて、リンクさせる、これがポイントだと思います!

実際にモロッコの織物工場にも行かれたとのことですが、いかがでしたか?
NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」の取材で、モロッコの織物工場を訪ねたのですが感動しました!
こんな風に手間と時間をかけて、手織りで丁寧に織っているのに、こんな値段で買えるなんて良いのだろうかと思ってしまうほどでした。
一つ一つ三つ編みしたり、編み込んだものをさらに織り込んで立体的にしたり、細かくて丁寧な作業ばかりで、こうしてできた作品は大事にしたいなと改めて感じました。

*ザナフィとは?*
モロッコ国内でもタズナフトやブジャドなど各地で作られています。
素材はウールですが、毛足が短く年間通して使いやすいラグです。
しっかりと織り込んであるので、毛足が短くても丈夫で厚みがあります。
また産地によって違いますが、モノトーンや生成と青、生成とグリーンといったようにナチュラルカラーをベースにしたものが多く、お部屋に合わせやすのも特徴です。

朱美さんの考えるザナフィの魅力とはどんなところですか?

ボシャルウィットとは真逆で、モノトーンのように多くの色を使っていないからこその良さがありますよね。
わが家のインテリアはナチュラルな白。ベージュ・グレーがメインなので、ザナフィの質感や色味は好きです。
寝室などリラックスできる空間で合わせやすいですし、実際に私が訪ねたモロッコのリヤドでも、人を招くサロンや寝室で使われており、リヤド内でも場所によってラグのテイストを使い分けていました。

現地で、これは素敵だな!と思ったモロッコラグのスタイリングはありますか?

日本ではラグ=敷くものという印象が強いと思いますが、モロッコではもっと自由に使われています。

先ほどもお話ししたように、サロンや寝室で敷かれているだけでなく、ソファにかけていることも多いです。
小ぶりなラグだと、色味やテイストが似ているものを何枚か重ねて、大きいラグだと1枚をバッとソファにかけていて素敵でした!
それ以外にもラグをカットしてクッションにしたり、正しい使い方はなく、様々なアイテムに派生しているところが自由で面白いと思いました。

また、フランスやベルギーなどのヨーロッパのインテリアショップではラグをタペストリーとして壁面に飾っていましたね。

朱美さん、素敵なお話をありがとうございました!

22日夕方より、オルネセレクトのボシャルウィットとザナフィがWEBショップに入荷します!
気になる方は、この機会にぜひお気に入りのラグを探してみてはいかがでしょうか。

SOUVENIR de PARIS|山端朱美 

フレンチブランドに長く携わった後、フランスと日本を行き来しながらヨーロッパの古き良きモノを買付し販売するアンティークバイヤーとして活躍。ここ数年はモロッコにも足繁く通い、モロッコのインテリア雑貨の買付や商品開発なども行う。これまではお店を持たずに企業とのコラボ出店や定期的に都内のギャラリーでの個展にて主に活動。現在、オンラインショップオープンに向けて準備中。

石井佳苗さんの質問コーナー!

先日インスタグラムにて、カンタに関する石井さんへの質問を募集いたしました。
実際にカンタのマルチカバーを普段使いされている石井さん。
皆様からの質問に対して、とても丁寧にご回答頂きました!ありがとうございます!

・使い古したサリーなどで作られているとのことで衛生面が気になります。
衛生面が気になるようでしたら、購入されたら一度お洗濯することをオススメします。
コットン生地なので、ウールと比べるとお手入れしやすいので、気軽にお洗濯できると思います。
また、古い布だからこそ、使っているとホコリがたちにくい・吸い込みやすいなどの利点はあります。

・劣化が早いなどありますか?
ストーンウォッシュ加工で表面が擦り切れた感じになっているので、劣化していくというよりは中の色が出てきて、変化を楽しめる良さがあります。
例えば元はピンクだったのに、だんだんオレンジが出てきたり。
綺麗に使おうとしなくても良くて、むしろどんどん使って変化を楽しんでほしいと思います。

・お手入れ方法を教えてください。
薄くて小さめのものだと、ネットに入れて手洗いモードで洗濯機にかけます。
ネットに入らないサイズだと、お風呂場で押し洗いします。

・天日干しはOK?
天気の良い日に外で干すと気持ちよくなりますよ。
色の濃いものだと特に、長時間の天日干しは色あせの原因になることもありますが、もともとダメージ加工がされているものも多いのであまり気にしなくても良いかもしれません。

・猫を飼っているのですが、少し汚れた時に全体を洗わないお手入れ方法などありますか?
布やタオルに洗剤をつけてぽんぽんしてあげると良いと思います。
コットンなので、もちろんお洗濯もできますし、お手入れしながら気軽にたくさん使ってほしいです。
また中の色が出てきて、経年変化を楽しめる良さがあるというお話をしましたが、
ネコちゃんにガリガリされても、むしろその変化を楽しめるので、ネコちゃんを飼ってるおうちは安心して使えますよ。

・石井さんのご自宅で使用されるカンタの一番のポイントはなんですか?例えば色、デザイン、肌触りなど。
うちは赤が差し色のインテリアなので、赤系のカンタを選びがちですね。
暖色系がやはり多いですが、裏表使えるのでその時の気分で変えることもあります。
あとは直感で好き・可愛いと思ったものは買ってしまいます!コレクションしたくなるんですよねカンタって。

(上記写真は石井さん家での使用例です)

・肌触りは?
柔らかいですよ!
お気に入りでたくさん使った、くたくたのTシャツのような手触りですね。

・カンタの端切れを持っており、コースターを作っていますが、他に活用方法はありますか?
ランチョンマットやテーブルクロスはいかがですか?
あとはクッションやポーチも可愛いと思います。

・飽きない色、デザインとは?
やっぱり自分の好きな色、柄が飽きないと思います。

・シンプルインテリアにカンタを取り入れる際に、カンタが浮かないようにする方法はありますか?
カンタを全部広げないで、畳んだり、かけたり、部分的に見せたら使いやすいかもしれません。
例えば、エルメスのスカーフ。
あまり面で全部見せることはないですよね。
首元やバッグに結んだり、柄が一見わからないように、ポイントで使うと思います。
カンタも同じように、部分的に見せて使うとシンプルインテリアに取り入れやすいと思います。

・カンタは色が賑やかですが、他の家具やファブリックとの合わせ方は?
一色だけの方が、選択肢も限られますし、実は使いにくいんです。
カンタはたくさん色が入っているので、他の家具やファブリックと同系色のカンタは合わせやすいですし、逆に中間色や反対色のカンタも面白いと思います!

・部屋に合う色のカンタを選ぶポイントはありますか?
どこにカンタを使いたいかにもよりますが、ソファやラグの中に入っている色の同系色だと合わせやすいと思います。
でも中間色や反対色でも雰囲気が変わりますし、カンタは色々な色が入っていて、裏表で色味が違うものが多いので、
直感で好きだなと思ったものを買って、それを部屋のどこでどう使うかを考えるのも楽しいと思いますよ。

・ウォールナット×グリーンのソファに合うオススメのカラーはありますか?
落ち着いた印象のソファなら、パステル調より色がダークめな方が合わせやすいかもしれません。
でもパステル系のカンタも合わないわけではないので、自分の好き・可愛いという直感を信じて選んでみてください。

・ソファやベッドにかける以外の使い方は?
私は車の後部座席に敷いたり、ベンチの座面にかけたり、折りたたんで椅子の上に置いて座布団のように使ったりしています。
ふかふかすぎず、かたすぎず、座り心地が良いんです。
昔はベッドにかけていましたが、今は布団を使っているので、布団を畳んで部屋に寄せるときは目隠しとしてカンタをかけることもあります。

見るだけでも気分が上がるので、タペストリーとして使ったり、折りたたんで置いておいたりするだけでもインテリアとして成立しますし、本当に万能だと思います。
あとはバスケットに入れて、ネコちゃんのベッドにしても良いかも!

 

foufou THE DRESS展

2月21日〜23日に不動前店2Fにて、foufou(フーフー)さんのTHE DRESSシリーズ、#00~#14 までの軌跡を辿る展示会を開催いたしました!

普段の試着会はまるでスポーツのような賑やかさがありますが、それとはまた違う、ゆっくりと見て聞いて読んで楽しむTHE DRESS展でした。
また店内装花をフラワースタイリストの増田由希子さんにお願いし、一足先に春を感じられる空間となりました。

見るコーナーはもちろん主役の#00~#14 までのドレスをじっくりと見ることが。
ずらっと並んだ#00~#14 までのドレスは圧巻で、見ているだけでも可愛いですが、実際に触って生地の違いやデザインの違いを比べることができ、「これ可愛いねー!」「これ前の試着会で着たよー!」「やっぱこれ欲しい!」など皆さま思い思いにご覧になっていました。


また、ドレスになる前段階であるトワルも今回特別にお持ち込み頂きました。
すごくシルエットが美しくきれいで、これからこのドレスになるのか…としみじみを魅入ってしまいました。

読むコーナーでは、foufouとはどんなブランドか、どんな想いでお洋服を作っているか、「黒のドレス」への想いを、コウサカさんが言葉にしてくださったので、その想いを辿っていくことができました。

聞くコーナーではQRコードを読み取ると、コウサカさんと生産管理を担当されているteshioni総支配人の佐藤さんのガイダンスが聞けるように。店内でドレスを見ながら聞いていらっしゃるお客様もおり、なんだか美術館のようでした。

またコウサカさんのアイディアの源になっている私物の書籍やデザイン画を直接手に取って拝見することができました。

また今回このTHE DRESS展のためだけに、井崎竜太郎さん(@izryu)に撮影していただいたTHE DRESSシリーズ、#00~#14 の額装写真やアクリルボード 、ワンコインのフォトカードやデザイナーのマールコウサカさんのデザイン画ステッカーを販売いたしました。

foufouさんのお洋服を着てご来店くださる方も多く、店内全体でfoufouさんの世界観を感じられるようなイベントになりました!