造花のある暮らし

みなさま、造花というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

実は近年、インテリア業界では造花の新しい波がきています。
クオリティが上がっていて、海外でも造花をよく目にするようになってきました。

今回は、暮らしが楽しくなる造花の取り入れ方をインテリアスタイリストの中田由美さんに教わりました!
今までの造花のイメージが覆るような素敵なスタイリングをしてくださいましたので、中田さんにお話をお伺いしながらご紹介いたします!

造花を使ったスタイリングはいかがでしたか?

造花は光や水のことなどを考えなくてよいので、置く場所に制限がなく自由度が高いと思いました。
例えば、閉じられた場所や高い場所。
生花だとメンテナンスが難しかったり、ドライフラワーだと崩れることがあったりと、お花やグリーンを取り入れるのが難しいかな?と思っていた場所に是非造花を取り入れてみてほしいですね。

ガラスドームの中にちょこんと造花を

また、実際にスタイリングしてみて、造花ならではの楽しみ方も色々と見つかりました!
造花はお花の可愛らしさもありつつ、オブジェやプロダクトのような感覚でも扱えます。

茎のワイヤーの特性を生かして遊んでみるのも面白いですし、細かく枝分かれしている造花はバラして、余すことなく楽しむことができます。

太くて切りにくい場合は、周りをハサミで少し切ってから、ペンチでワイヤーを切ってみてください
中のワイヤーを活かして、カーテンタッセルのように!

造花というとプラスチック感が強いものも多いですが、今回オルネでお取り扱いされる造花はしっとりとした質感のものが多いので、空間に馴染みやすいと思います。

今回のスタイリングについて教えてください!

全体的に北欧のソフトミニマルなトーンからインスパイアされたモノトーンやニュートラルカラーでまとめています。
そこに造花の魅力でもある色をコーナーごとにインテリアにマッチするよう組合せています。
また、落ち着いた空間の中にも、季節的に軽やかさも欲しいので、ガラスやラタン、リネンなど合わせていくモノの質感で季節感も一緒に楽しめるようにしました!

壁面に1本そのままバサッとしたものを貼ってもポイントになるし、バラして余ったものをちょこっと貼っても可愛いですよ。
ボリュームのあるものとラインの細いものとをあわせるとよりリズム感が生まれます。

ドライフラワーよりも気兼ねなく扱えるから、気分によって場所を変えられるのも造花ならではの良いところですね。
お気に入りの写真やグラフィックと合わせたり、自分らしさやテンションアップ!なコーナーを壁面に作ることができるので、自由な感覚で楽しんでみてほしいです。

高い位置に置く場合、水の取り替えは大変ですし、生花は難しいですよね。
でも寂しくなりがちな棚の上段に華やかさが欲しい!そんな時は造花がオススメです。
ドライフラワーより選べる色の幅が広いから、インテリアに合わせて色をセレクトできるのも造花ならでは。
今回はシックな雰囲気にしたかったので、シェルフ下段に飾ったアイテムの色に合うよう、上段にはダークカラーの造花をセレクトしています。

大胆に造花を切り離して、花器に合うように気持よいボリュームを探ってみても楽しいですよ。
そんな小さな気遣いが、いけたあとの見た目の違いを生んでくれるし、自分にとって気持ちの良いバランスってなんだろう?と考えることが、お花や花器、それに対する自分の感覚の発見につながります。

また、切り離して余ってしまったものは、ケースの中に飾ってみても。
ドライフラワーに比べると色が鮮やか、という点も気分があがるポイントかもしれません。
茎のワイヤーがある程度好きな方向に向けられるので、入れるものに合わせて枝の向きを微調整できるのも造花の良さですね。

なんでもない小さなもの達との組合せも、造花のかわいらしさでなんだか特別なものに見えてきますよ。

こちらで使用している造花はサイズが大きいので、長さを短く調整して先をフックのように曲げています

造花は茎がワイヤーなのでフック状にできます。
結んで止めて、のような作業がなく、掛けるだけなので素早くデコレーションが完成できます。
今回はたくさん掛けて小さなカーテンのようにしましたが、例えば、壁に麻ひもをマスキングテープでとめて掛けてガーランドのようにもできるし、フックがあればフックにさっと1つ掛けてもその場所に華やかさが生まれますよ。

茎のワイヤーを利用して、ナプキンリングのように巻くと簡単なおもてなしのデコレーションの完成。
これは造花をバラした時の残りを使ってみました!
何度も使えるのもうれしいポイント。
シックなカラーのテーブルコーディネートは鮮やかな造花の色が良いアクセントになります。

大きめの造花は1本でもボリューム感たっぷりなので、大胆に床置きにしてみました。
空間に華やかさがでて、家具の横にそっと添えると、小さな森のような景色になりました。


窓際には1本でも様になるものものをさっといけてみました。
合わせるときに色のトーンを揃えると簡単にコーナーにまとまりがでます。

同じ色をまとめていけてもシックですよ。
光のきれいな場所にはガラス花器の透明感や軽やかさがピッタリ。
お花に合わせて花器の色をコーディネートしても楽しいし、その逆パターンも。

ケース内や小皿に置いたり。ここでも余った枝が大活躍!

中田さん、素敵なスタイリング、そして貴重なお話をありがとうございました!

DIY感覚で様々な楽しみ方ができるのは、造花ならではの良さですよね!お部屋の雰囲気や季節に合わせて、「造花」という新たなアイテムで彩りや遊び心を加えてみてはいかがでしょうか。


*中田 由美|インテリアスタイリスト*

建築を学んだ後、2005年よりスタイリスト神林千夏氏(Studio Early Birds)に師事。
2013年フリーランスとして独立。インテリア誌や広告等撮影のスタイリングを中心に、イベントの展示構成や、ショップやウィンドウディスプイのディレクションやデコレーション等、空間とモノにまつわることを幅広く手がける。

https://www.instagram.com/yumi909/

カンタの製作現場を訪ねました!

今年の2月にオーナーの谷がインドを訪れた際に買い付けたカンタが先日入荷いたしました!WEBショップに入荷するまで、もう少しお待ちくださいね。

オルネではカンタのマルチカバーやクッションなどお取り扱いしておりますが、実ははじめてのインドだったそうです^^

インドではカンタ製作の現場をいくつか訪ねたとのこと。
今回はその様子も交えながら、カンタについてご紹介していきたいと思います。

元々はインドやパキスタンなど遊牧民の家庭で、古くなったサリーや腰布などのハギレを縫い合わせて、刺繍して使われていたのがはじまりで、嫁入り道具として母から娘へ長い間受け継がれてきた伝統工芸品です。
家財道具にかけたり包んだり、また敷物として使用したりと日常の暮らしに寄り添ってきました。

現在では海外でも注目され、インド国内でもおもてなしの場で使われることも多いとか。オーナーの谷が宿泊したホテルではカンタのマルチカバーがベッドカバーとして使用されていたそうですよ!

*Buyer’s Voice*
なぜカンタを取り扱おうと?
サリーにも流行りがあるので、どうしても使わなくなったもの、余ってしまうものがあります。
カンタはそのようなサリーや腰布などのハギレを使って作られているので、布を組み合わせたり、刺し子を施して丈夫にしています。
それはどこか日本の着物文化に近しいものがあるなと興味をもったのがきっかけです。

カンタ製作の現場はいかがでしたか?
今回は何軒か訪ねたのですが、大きい工場のようなところ、普通の家のようなところで少人数で製作しているところなど様々でした。
以前は女性が作り手だったようですが、現在は男性も製作に携わることもあるようです。

これは刺し子を施している様子です。1針1針丁寧に。シンプルに等間隔に縫っているものもあれば、柄のようなデザインもあります。

これは大きめの工場を訪ねた際の写真です。
最終的な仕上げや補修をしているところです。

布の貼り合わせ方、ステッチの仕方、生地の厚みや、どのような柄が入っているか、1つとして同じものがありません。

インドから商品が届いたら、私達スタッフで1枚1枚広げて、穴や汚れなどないか確認するのですが、大きさや厚みも違いますし、少し斜めになっているもの、フリンジがついているもの、それぞれ個性的です。スタッフ同士で「この柄可愛い!」「ここシルクっぽい質感だね!」「裏表で雰囲気かなり違うよ!」というように、実際にお買い物をしている感覚で楽しみながら検品しています。

みなさまにとってお気に入りの1枚が見つかりますように。

チーコさんのお花講座〜ストーンウェアベース〜

デンマークからストーンウェアのベースが届きました!

今回はなんと!東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんにお花を生けて頂きました!

とっても可愛い…!!!

Foragerさんが扱っているのは「普通なら脇役になる花」がほとんどで、気軽に部屋に飾れるような、おだやかな印象の花が並んでいます。

今回は見慣れないお花や動きの面白い葉を持ってきてくださったので、スタッフみんなでずっと可愛い!って言いながら、わいわいと楽しくチーコさんにお花を生ける時のポイントを教えて頂きましたので、皆さまにご紹介いたします!

このストーンウェアベースにはどんな風にお花を生けたら良いですか?

このベースは重心がずれているのが面白いですよね。
口が細めなので、シンプルに1種類生けがオススメ!
お水が汚れにくいので、長持ちしやすいですよ。

ベースを何種類か並べても可愛いと思います。
高さがあるタイプは細いお花やグリーンが、低めでぽってりとしたタイプは横に垂れるような、ボリューム感のあるお花が合わせやすいですよ。

高さがあって細いお花は高低差をつけながら、バランスを整えて、リズム感を出すように生けると面白いです!

ちなみにチーコさんのオススメは黄色のベースだそうですよ!
今回は動きの面白い(ちなみにネギの仲間!)グリーンを生けて頂きましたが、お花屋さんでよく扱ってるサイズで生けられるので、買ってそのままぱっと生けることができて使いやすいとのこと。

花とベースの高さのバランスって難しいですよね、結構失敗しがちです…

ボリューム感がある花は、花とベースの高さが1:1になるように切ったらバランスよくなりますよ。
高さがあって、細めの花はベースの1.5倍くらいの高さで切ると良いと思います。

花の高さに関しては、以前フラワースタイリストの増田由希子さんにも教えて頂きましたね。
「お花のキホン」という記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください!

 

 

つづきまして、ストーンウェアジャグ!

先ほどのベースと比べると、合わせる花もガラリと変わりそうですがどんな風にお花を生けたら良いですか?

このストーンウェアジャグを見たとき、ぱっと映画「かもめ食堂」が思い浮かびました!
食卓に飾るにはちょうどいいサイズで、使いやすそうですね。

また切り戻しをして茎が短くなってしまった時に、こういう小さなジャグに生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

(切り戻しとは•••水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。)

先ほどのベースと比べると、広口なので、
コンパクトになりすぎないように、葉でボリューム感を出すのがオススメです。

またどちらかの面にまとめるとしたら、前側にまとめるべし!とのことです。今回生けて頂いたものを上から見てみるとこんな感じ。

グリーンとの合わせ方のポイントってありますか?
質感や色味を合わせるとまとまりやすいですね。


例えば、この花びらのグリーンと葉の色は近いので相性が良いです。
でもくすみグリーンのような色味の葉を使うことで、全体の雰囲気を少し大人っぽく仕上げています。

逆に、元々の花の葉っぱと全然違う葉ものを合わせるのも、自然界ではあり得ない世界観を表現できるので面白いですよ!

 

こうしてお花を生けるポイントを伺うと実際に生けてみたくなりますよね。皆さまもぜひ試してみてください!

はじめてのAstier de Villatte

こんにちは。
ショップスタッフのイケダです。

Astier de Villatte(以下アスティエ)といえばオルネドフォイユの定番商品でもあり、ファンのお客様も多いブランドです。

ショップスタッフとしてオルネに入るまで、アスティエのことは知らなかったのですが、二人のデザイナーのこと、作品が出来上がるまでのことを知り、アスティエに実際に触れて、アスティエならではの魅力に惹かれ、私もほしいなあと思うようになりました。

とはいえ、決して安いお買い物ではないので、オルネに入って約1年間悩みに悩んで、買う買う詐欺状態になっておりました…。
アスティエ買ってみたいけど…と、同じように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、約1年間悩んだ私がオススメする、はじめてアスティエを買うならこれ!という商品をご紹介いたします。

はじめてのアスティエを選ぶにあたって、個人的には2つのポイントがありました。
1つ目はせっかく頑張って買うのだから、普段使いしやすいもの。
2つ目は高すぎないこと。いきなり高いものを買うのは怖いので、1万5千円くらいまでの価格帯で探していました。

まず、はじめてのアスティエにオススメしたいのは、直径15cm以内のスモールディッシュやソーサーです。
和食器でいうと豆皿サイズのものですね。

価格帯は1万以下のものが多く、アスティエ の中では買いやすくて、お菓子をちょこっとのせたら、なんだか優雅なお菓子タイムになりそう!
また、アスティエ のお皿は見るだけでも可愛いので、食器棚にしまってしまうのはもったいないと思ってしまい、アクセサリートレイとして、普段から見えるところに置いておくのも良いなあと思いました。

次にオススメしたいのはスーププレートです。
スープを入れるのはもちろんのこと、サラダや煮込み料理など、汎用性の高い形ですのでたくさん使えます!

価格帯は1万2千円前後のものが多いです。
先ほどのスモールディッシュやソーサーと比べると高くなってしまいますが、汎用性の高さを考えると頑張れると思いました。

使いやすさでいうと、プレートはやはり人気ですね。
トースト1枚をポンっと置いて、コーヒーを添えるだけで素敵な朝食のできあがりです。
おかずを少しずつ盛って、ワンプレートごはんにするのも良いですよね。
価格帯や使いやすさのバランスを考えると、個人的には20cm前後のサイズのプレートがオススメです!

みなさま、いかがでしたか?
もしアスティエ ほしいなと悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考になさってくださいね。

 

▼オーナー谷が語る、Astier de Villatteの魅力
http://www.ornedefeuilles.com/blog/archives/39541

 

foufou THE DRESS展

2月21日〜23日に不動前店2Fにて、foufou(フーフー)さんのTHE DRESSシリーズ、#00~#14 までの軌跡を辿る展示会を開催いたしました!

普段の試着会はまるでスポーツのような賑やかさがありますが、それとはまた違う、ゆっくりと見て聞いて読んで楽しむTHE DRESS展でした。
また店内装花をフラワースタイリストの増田由希子さんにお願いし、一足先に春を感じられる空間となりました。

見るコーナーはもちろん主役の#00~#14 までのドレスをじっくりと見ることが。
ずらっと並んだ#00~#14 までのドレスは圧巻で、見ているだけでも可愛いですが、実際に触って生地の違いやデザインの違いを比べることができ、「これ可愛いねー!」「これ前の試着会で着たよー!」「やっぱこれ欲しい!」など皆さま思い思いにご覧になっていました。


また、ドレスになる前段階であるトワルも今回特別にお持ち込み頂きました。
すごくシルエットが美しくきれいで、これからこのドレスになるのか…としみじみを魅入ってしまいました。

読むコーナーでは、foufouとはどんなブランドか、どんな想いでお洋服を作っているか、「黒のドレス」への想いを、コウサカさんが言葉にしてくださったので、その想いを辿っていくことができました。

聞くコーナーではQRコードを読み取ると、コウサカさんと生産管理を担当されているteshioni総支配人の佐藤さんのガイダンスが聞けるように。店内でドレスを見ながら聞いていらっしゃるお客様もおり、なんだか美術館のようでした。

またコウサカさんのアイディアの源になっている私物の書籍やデザイン画を直接手に取って拝見することができました。

また今回このTHE DRESS展のためだけに、井崎竜太郎さん(@izryu)に撮影していただいたTHE DRESSシリーズ、#00~#14 の額装写真やアクリルボード 、ワンコインのフォトカードやデザイナーのマールコウサカさんのデザイン画ステッカーを販売いたしました。

foufouさんのお洋服を着てご来店くださる方も多く、店内全体でfoufouさんの世界観を感じられるようなイベントになりました!