お部屋に秋を取り入れてみませんか?

9月になり、夜は少し涼しくなってきましたね。
秋服が出はじめて、スーパーでも葡萄やイチジクなど季節のフルーツが並び、夏がそろそろ終わってしまいそうです。

そこで今回は秋・冬に向けた模様替えについてお話ししたいと思います!
模様替えというと大掛かりなものを想像するかもしれませんが、実はちょっとしたことでもお部屋の雰囲気は変わります。

ポイントは「色味」と「素材」です!

あまりピンとこない方はお洋服でイメージするとわかりやすいかもしれません。
春夏はパステルカラーやビビットカラーのような、軽やかな色や鮮やかな色のお洋服をよく見かけますよね。
素材はコットンやリネンで涼しげなものが多いのではないでしょうか。

逆に秋冬はくすみカラーのような少し落ち着いた色や、ブラウンなどの深い色を取り入れることが増えますよね。
素材はあたたかいウール!手触りもさらっとしたものよりは、モコモコしたものの方が季節感が出ます。

インテリアも同じで、「色味」と「素材」を秋冬らしいものに変えるだけで、お部屋の雰囲気が秋冬らしく変わりますよ!

まずは色味について。

例えば食卓で使うランチョンマットを、深めの色に変えてみるのはいかがでしょうか。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000011038

また夏は涼やかにガラスの器でそうめんや冷製パスタが美味しいですが、秋冬は落ち着いた色味の陶器やストーンウェアで温かいスープや季節のフルーツなどいかがですか?

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000011041

特に秋は食欲の秋ともいいます!食材だけではなく、食器やキッチン小物に少し秋を加えてみてはいかがでしょうか。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000010851

ダイニングだけではなく、キッチンで使うアイテムをブラウン系でまとめてみるのもオススメですよ!温もりのあるヨーロッパの家庭のキッチンのようです。

次に素材について。

オルネではガラスの花器が人気ですが、秋冬は陶器の花器をお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。やはり土の温もりを感じる陶器は、実もの・枝ものの植物を相性が良いです!

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009002/

陶器の花器はプリミティブアイテムとも相性が良いのですが、プリミティブアイテム自体が経年変化によって深みのある色味で重厚感があるものが多いので、これからの季節にぜひオススメしたいです!

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000011034

また、定番なのはウール素材をお部屋に取り入れることですよね!

ウール素材は保温性があり実用的なのはもちろんのこと、見た目にもあたたかみがあり、これからの季節にはオススメです。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000011019/

例えばウール素材のタペストリー。

様々な織り方を組み合わせたデザインは、平面的で固い印象になりがちな壁面に表情をプラスしてくれます。

まるで冬のニットのようですね。

最後にオススメしたいのはラグです。

ラグは模様替えの定番でもありますね。

夏はコットンやジュート系の涼やかなラグを、冬はウールのあたたかいラグをお部屋に敷く方が多いのではないでしょうか。

こちらはモロッコのザナフィ というラグ。

毛足の短いウールラグですので、もしかしたら冬のイメージがあまりない方もいるかもしれませんが、素材がウールのため、冬でもきちんとあたたかいです!

モノトーンでどのようなタイプのお部屋にも合わせやすいのも嬉しいポイントです。

9/23に再入荷予定がございますのでお楽しみに!

インテリアスタイリストの石井佳苗さんによるスタイリング

冬は毛足の長いモコモコ系のラグが好き!という方には、モロッコのベニワレンなどのウールラグがオススメです。今年もベニワレンなどのウールラグやクッションの入荷予定がございますのでお楽しみに!

https://shop.ornedefeuilles.com/shopbrand/ct382/

うつわの表情に魅せられて

2020年9月18日より、陶芸家・佐野元春さんの個展を開催いたします。
佐野さんは洗練された造形、まるで抽象画のような表情豊かな色彩が美しい器を制作されています。

オルネとの出会いは「にわのわアート&クラフトフェア・チバ 」でした。
実はオルネスタッフが以前勤めていた設計事務所に、佐野さんも以前勤めていらしたという面白い接点も。

昨年度よりWEBショップや不動前店にて、作品をお取り扱いしておりますが、
佐野さんから作品が届き、検品する度に、その美しさにうっとりとしてしまいます。

今回は個展開催に向けて、佐野さんご自身のこと、作品のことなどをお伺いしました。

以前は建築関係のお仕事をされていたとのことですが、なぜ陶芸の道に進もうと思われたのですか?

陶芸体験する機会があり、純粋にたのしい、難しい、もっと作りたいという衝動にかられたからだと思います。

作品を制作する上で心がけていることはありますか?

陰影、色彩、表情が豊かで美しいもの、触感が面白いもの、使って頂く方の創造力を刺激出来る様なものが出来たらと思っています。

佐野さんの作品は釉薬の表情が豊かで、造形は上品ですごく洗練されている印象を受けました。例えば新しく器を制作するにあたって、デザイン画のようなものを作成されるのでしょうか?

特別に新しい製作にむけて図面を書いたりデザイン画を起こすことはないですが、普段の生活の中で気になったことや思いついたことがあればラフスケッチやメモに残すことはあります。後は実際にいくつか数を作りながら形を調整しています。

黒い陶土で制作された黒土シリーズ

様々な色の陶土を使用されているかと思いますが、どのような仕上がりの違いがあり、どのような使い分けをされているのでしょうか?

今回新しく納品した黒土のシリーズは黒い陶土で製作しています。黒い陶土は細かい石が混じったような粗い土のため細かい仕事には向きません。
そのため、ざっくりとした荒いワイルドな印象にしたいときには黒い陶土で製作しています。

赤い陶土で制作された作品

逆に白い陶土は目が細かいので繊細な仕事に、赤い陶土は焼くと茶色っぽく焼き上がるのでアクセントに、という風に土のもつ味をどう引き出したらよいかを考えながら製作しています。

佐野さんの作品の色名は「藍白、海碧、灰青、黒土」というように、どれも素敵な名前ですね!何故この色名にされたのですか?

わたしの使っている釉薬が同じ釉薬でも窯の中で変化し様々な表情をみせてくれるので、はっきりした何色というよりも名前から想像力をかき立ててくれるような色名を選びました。

色名:海碧(かいへき)

全て同じ釉薬なんですね!なぜ色がそれぞれ違うのでしょうか?

焼き上がりの色の違いは釉薬ではなく下地の処理や陶土の違いでバリエーションを出しています。
同じ名前の釉薬の中でも個体差が出るのは、釉薬が窯の中で変化(窯変)しやすいものを使っているからです。

それでは個展に向けて、お客様に一言お願いします!

うつわの見せる様々な表情を楽しんでいただければ幸いです。

佐野さん、貴重なお話ありがとうございました!

不動前店では、9月18日(金)〜20日(日)、9月25日(金)〜27日(日)の6日間、個展開催いたします。この機会にぜひお手に取ってみてください。

佐野元春 profile

2005年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業

都内で建築設計事務所につとめた後

2012年 京都府立陶工高等技術専門校成形科修了

2012年 京焼窯元にて作陶開始

2018年 京都府南丹市にて独立 


プリミティブで心を豊かに

今注目が高まっている「プリミティブアイテム」

オルネでも今シーズン様々なアイテムを紹介しましたが、どうやって自分の部屋に取り入れたら良いのだろう?と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はインテリアスタイリストの石井佳苗さんにプリミティブアイテムの魅力と取り入れ方のコツを伺いました!

当店で仕入れた商品から石井さんおすすめのアイテムを使ってスタイリングをして頂きましたので、実際にお部屋に取り入れる時のヒントにしてみてください。

「プリミティブ」の魅力について教えてください

プリミティブとは「原始的、根源的」という意味の言葉で、ここ数年インテリアの世界でも注目されています。

プリミティブアイテムは元々生活の中で必要なものとして作られていたもの。
しかし使えれば良いというわけではなく、その中に美しさがあり、機能性と美しさを兼ね備えたものを人間は作ってきたんですね。

長い時を経てもなお、現代の生活に取り入れても遜色のない造形美が私たちを魅了しています。

今回のスタイリングでも使用しましたが、ひとつの木をくり抜いて作られたスツールやボウルなど、個性的で力強いアイテムが特徴です。

このようなアイテムは現代の私たちの生活の中で素敵なアクセントになってくれます。なにか物足りなさを感じる、お部屋の雰囲気を変えたい、そうした際に一つプリミティブアイテムを加えるだけで、今までとは違った雰囲気になり、より洗練されていきます。
そうした変化は、私達に暮らしの豊かさをもたらしてくれるのではないでしょうか。

プリミティブアイテムは上級者のイメージがあるのですが、お部屋にどのように取り入れたら良いでしょうか?

個性的なアイテムを取り入れる際は「際立たせること」がポイントです。

本来生活用品だったプリミティブアイテムをインテリアとして見立てて使っていくのですが、プリミティブアイテムは木が日焼けし、使い込まれたことで、濃くなったり、艶が出たり、時間を経た良さを持ったものが多く、集めすぎると重たい雰囲気になりがちです。
しかし、現代の私たちが普段から使っているような、モダンなデザインの照明や家具、絵などと組み合わせてみることで、お互いが際立ち同じ空間にあっても浮くことがありません。

それでは、今回のスタイリングのポイントを教えてください!

壁面にアートともいえる動物のお面を。ひとつだけでも十分空間をアップデートしてくれますが、今回は贅沢に6個飾ってみました。3という数はバランスがとりやすく、左側では三角形に、右側では横に並べてみました。
ポスターと合わせましたが、好きな風景写真やグラフィカルな絵は相性が良いと思います。
またモダンなデザインのランプや椅子と合わせることで、軽やかな印象になり、現代の私たちの生活に取り入れることをイメージしやすいようにスタイリングしました。
プリミティブアイテムをお部屋のワンポイントに、自分の好きなものと組み合わせて、オリジナリティを出してみてください。

また壁面で使用したお面はアースカラーでまとまりすぎていたので、現代の私たちの生活にしっくりと馴染むように、そして明るい気分になるように、色を加えることを意識しました。
今回は合わせて飾ったポスターやオブジェに、赤や黄色・青といった色が入っています。

アースカラーと原色、天然素材とスチールというように、相反するものはお互いを際立たせる関係になることで、相乗効果が生まれます。
その際にバラバラにならないように、繋がりがあるものを合わせて、全体の雰囲気を作ることが大切です。
今回はポスターに入っている色と下に置いたオブジェの色をリンクさせたり、ランプと椅子の脚・オブジェの素材をリンクさせることで全体をまとめました。

ソファ周りには存在感のあるチェアやスツール、真ん中には大きめサイズのオブジェをテーブル代わりに置きました。ここまで沢山のプリミティブアイテムをコーディネートしても、重たくなり過ぎないのは、シンプルでモダンなアイテムを組み合わせているからです。

先ほどもお話ししましたが、プリミティブアイテムは経年変化によって色が濃く変化しているものが多く、重たい雰囲気になりがちです。
そこで、柔らかいジュート素材のラグをひいたり、差し色で赤いクッションを置いたり、軽やかな明るい印象に仕上げるのもコツですね。

チェアやスツールは個性的ですので、オブジェとしてカッコよく見せるのも素敵ですが、元々日常生活で使う道具として作られたもの。是非実用的に使って頂きたいです。
テーブル代わりに使用したオブジェには、本を積み重ねて、平らにして底上げすることで、テーブルとして使いやすくしています。
深さがあるので、小物を収納しても良いと思います。我が家に置いたら、絶対に猫が入ります(笑)

窓辺ではキャンドルホルダーやプレートなどのウッドアイテム、アート感覚で楽しめるベースを、それぞれのデザインが楽しめる様にすっきりと見せています。

プリミティブアイテムを集めると、民族色が強くなってしまいがちですが、異素材のガラスベースを合わせることで、現代のインテリアにアップデートすることができます。
透明なガラスよりは、今回のようにカラーガラスと組み合わせると、より洗練されます。

プリミティブアイテムは実際に使うイメージがしにくかったのですが、色々と実用的に使えそうですね。

元々日常生活で使う道具として作られたものが多いので、是非実用的に使って頂きたいですね。

例えば、窓辺に置いている楕円型のプレート。

細長くて、やや深さがあるので、玄関先で鍵を入れたり、ポプリやお気に入りのポストカードを入れたり。

機能性を追求している、便利なモノとは違いますが、個性的なアイテムを一つ余裕を持って置くことで、暮らしの、そして心の豊さをもたらしてくれます。

皆様も是非プリミティブアイテムに挑戦してみてくださいね。

石井さん、貴重なお話を誠にありがとうございました!

造花のある暮らし

みなさま、造花というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

実は近年、インテリア業界では造花の新しい波がきています。
クオリティが上がっていて、海外でも造花をよく目にするようになってきました。

今回は、暮らしが楽しくなる造花の取り入れ方をインテリアスタイリストの中田由美さんに教わりました!
今までの造花のイメージが覆るような素敵なスタイリングをしてくださいましたので、中田さんにお話をお伺いしながらご紹介いたします!

造花を使ったスタイリングはいかがでしたか?

造花は光や水のことなどを考えなくてよいので、置く場所に制限がなく自由度が高いと思いました。
例えば、閉じられた場所や高い場所。
生花だとメンテナンスが難しかったり、ドライフラワーだと崩れることがあったりと、お花やグリーンを取り入れるのが難しいかな?と思っていた場所に是非造花を取り入れてみてほしいですね。

ガラスドームの中にちょこんと造花を

また、実際にスタイリングしてみて、造花ならではの楽しみ方も色々と見つかりました!
造花はお花の可愛らしさもありつつ、オブジェやプロダクトのような感覚でも扱えます。

茎のワイヤーの特性を生かして遊んでみるのも面白いですし、細かく枝分かれしている造花はバラして、余すことなく楽しむことができます。

太くて切りにくい場合は、周りをハサミで少し切ってから、ペンチでワイヤーを切ってみてください

中のワイヤーを活かして、カーテンタッセルのように!

造花というとプラスチック感が強いものも多いですが、今回オルネでお取り扱いされる造花はしっとりとした質感のものが多いので、空間に馴染みやすいと思います。

今回のスタイリングについて教えてください!

全体的に北欧のソフトミニマルなトーンからインスパイアされたモノトーンやニュートラルカラーでまとめています。
そこに造花の魅力でもある色をコーナーごとにインテリアにマッチするよう組合せています。
また、落ち着いた空間の中にも、季節的に軽やかさも欲しいので、ガラスやラタン、リネンなど合わせていくモノの質感で季節感も一緒に楽しめるようにしました!

壁面に1本そのままバサッとしたものを貼ってもポイントになるし、バラして余ったものをちょこっと貼っても可愛いですよ。
ボリュームのあるものとラインの細いものとをあわせるとよりリズム感が生まれます。

ドライフラワーよりも気兼ねなく扱えるから、気分によって場所を変えられるのも造花ならではの良いところですね。
お気に入りの写真やグラフィックと合わせたり、自分らしさやテンションアップ!なコーナーを壁面に作ることができるので、自由な感覚で楽しんでみてほしいです。

高い位置に置く場合、水の取り替えは大変ですし、生花は難しいですよね。
でも寂しくなりがちな棚の上段に華やかさが欲しい!そんな時は造花がオススメです。
ドライフラワーより選べる色の幅が広いから、インテリアに合わせて色をセレクトできるのも造花ならでは。
今回はシックな雰囲気にしたかったので、シェルフ下段に飾ったアイテムの色に合うよう、上段にはダークカラーの造花をセレクトしています。

大胆に造花を切り離して、花器に合うように気持よいボリュームを探ってみても楽しいですよ。
そんな小さな気遣いが、いけたあとの見た目の違いを生んでくれるし、自分にとって気持ちの良いバランスってなんだろう?と考えることが、お花や花器、それに対する自分の感覚の発見につながります。

また、切り離して余ってしまったものは、ケースの中に飾ってみても。
ドライフラワーに比べると色が鮮やか、という点も気分があがるポイントかもしれません。
茎のワイヤーがある程度好きな方向に向けられるので、入れるものに合わせて枝の向きを微調整できるのも造花の良さですね。

なんでもない小さなもの達との組合せも、造花のかわいらしさでなんだか特別なものに見えてきますよ。

こちらで使用している造花はサイズが大きいので、長さを短く調整して先をフックのように曲げています

造花は茎がワイヤーなのでフック状にできます。
結んで止めて、のような作業がなく、掛けるだけなので素早くデコレーションが完成できます。
今回はたくさん掛けて小さなカーテンのようにしましたが、例えば、壁に麻ひもをマスキングテープでとめて掛けてガーランドのようにもできるし、フックがあればフックにさっと1つ掛けてもその場所に華やかさが生まれますよ。

茎のワイヤーを利用して、ナプキンリングのように巻くと簡単なおもてなしのデコレーションの完成。
これは造花をバラした時の残りを使ってみました!
何度も使えるのもうれしいポイント。
シックなカラーのテーブルコーディネートは鮮やかな造花の色が良いアクセントになります。

大きめの造花は1本でもボリューム感たっぷりなので、大胆に床置きにしてみました。
空間に華やかさがでて、家具の横にそっと添えると、小さな森のような景色になりました。


窓際には1本でも様になるものものをさっといけてみました。
合わせるときに色のトーンを揃えると簡単にコーナーにまとまりがでます。

同じ色をまとめていけてもシックですよ。
光のきれいな場所にはガラス花器の透明感や軽やかさがピッタリ。
お花に合わせて花器の色をコーディネートしても楽しいし、その逆パターンも。

ケース内や小皿に置いたり。ここでも余った枝が大活躍!

中田さん、素敵なスタイリング、そして貴重なお話をありがとうございました!

DIY感覚で様々な楽しみ方ができるのは、造花ならではの良さですよね!お部屋の雰囲気や季節に合わせて、「造花」という新たなアイテムで彩りや遊び心を加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


中田さん*中田 由美|インテリアスタイリスト*

建築を学んだ後、2005年よりスタイリスト神林千夏氏(Studio Early Birds)に師事。
2013年フリーランスとして独立。インテリア誌や広告等撮影のスタイリングを中心に、イベントの展示構成や、ショップやウィンドウディスプイのディレクションやデコレーション等、空間とモノにまつわることを幅広く手がける。

https://www.instagram.com/yumi909/

モロッコグラスってなに?

みなさま、モロッコグラスってご存知ですか?

リサイクルガラスからできており、「吹きガラス」製法で、ひとつひとつ現地の職人さんによって作られています。

出典:https://kessybeldi.com

リサイクルガラスからできる製品は、その土地土地で使われているガラスによって色味が変わると言われていますが、モロッコではラムネ瓶の様なうっすら青緑がかった色味のグラスが定番です。

出典:https://kessybeldi.com

吹きガラス特有の、気泡や黒点、サイズ差、うねり、かたちなどが見られ、少しいびつな手作り感がこのモロッコグラスの魅力でもあります。

20世紀前半からモロッコで使用されるようになり、一昔前までは、どこのカフェに行ってもこのようなモロッコグラスが出てたそうですよ。

モロッコの国民的飲み物でもあるミントティーもよくこのグラスで飲まれるとか。

出典:https://kessybeldi.com

高い位置から注ぐという特徴的な注ぎ方で、昨年オルネで開催した「恋するモロッコ展」ではモロッコ料理認定講師の川瀬真実子さんに実演して頂きましたね。
現地では熱いミントティーを飲むので、真ん中あたりの膨らみは熱くでも持ちやすいようにできたものだそうですよ。

しかし、モロッコグラスを作る職人の数もだんだんと減り、工場が次々と閉鎖してしまいました。
このままではモロッコグラスの伝統が途絶えてしまう。

そこで、モロッコグラスの伝統を守ろうとする動きが近年盛んになり、最大のモロッコグラス工房として知られる「Verre Beldi」も当時経営不振のため廃業に追い込まれたましたが、マラケシュ郊外のリゾートホテル「Beldi Country Culb」のオーナーがホテルの敷地内に工場を復活させました。

オルネでは今回、同じくモロッコグラスの伝統が途絶えないようにと、工房を作った「Kessy Beldi」のモロッコグラスを仕入れました。


「Kessy Beldi」はカサブランカにある工場が閉鎖することを知った創業者のBouchaib Harmouzi氏によって創業、彼はモロッコグラスの手法を学び、マラケシュに工房兼ショップを構えました。

出典:https://kessybeldi.com

従来のモロッコグラスだけでなく、世界的にモロッコグラスの魅力を広めるべく、様々な色や形のモロッコグラスを製作しています。

前回モロッコへオーナーの谷が買い付けに行った際に、工房を訪ね、実際にモロッコグラスを職人さんが作っている様子を撮影いたしましたので是非ご覧ください!

今回は定番のカラーや形だけではなく、Kessy Beldiで製作されている様々なモロッコグラスが入荷いたします!またモロッコでは日常的に食器として使用されておりますが、今回オルネではインテリア雑貨としてもご紹介いたします。


食器としてご使用いただく場合は、耐熱性(80℃前後)ではありますが、沸騰したてのお湯を入れたり、氷をいれたグラスに直接お湯を入れるなどの急な温度差は、グラスが割れる原因になりますのでご注意くださいませ。

手作りのぬくもりを感じるモロッコグラスは、見た目にも涼やかで、これからの季節にぴったりです!気泡や歪みなど少し歪な感じもどこかモロッコ らしくて、なんだか愛着が湧きますよ。