Van Verreのカンタ・マルチカバーの魅力に迫ります!

カンタとはインドのベンガル地方を中心に伝わる刺子刺繍で、古くなったサリーやハギレなどをパッチワークして、刺し子を施したテキスタイル。

布の合わせ方や生地の柄・厚み、ステッチの一針一針にいたるまで同じものはひとつもありません。表裏で雰囲気がガラリと変わるものが多いのもカンタのマルチカバーの魅力の一つ。

今回はインテリアスタイリストの石井佳苗さんに、伝統的な手工芸品の魅力を現代の暮らしにマッチするデザインを提案するオランダのブランド「Van Verre(ファン・ヴェーレ)」から仕入れたカンタのマルチカバーをセレクトして頂きました!

Van Verreのカンタの特徴はストーンウォッシュ加工がされていること!

ストーンウォッシュ加工で擦り切れた布の下から別の布が顔を覗かせ、抽象画のような美しい 色合いを作り出しています。

石井さんに今回のセレクトのポイントやVan Verreのカンタ・マルチカバーの魅力、実際にどのように使えば良いのか等、いろいろと教えて頂きました!

たくさんのカンタのマルチカバーの中から厳選して頂きましたが、セレクトのポイントは何ですか?

もうシンプルに可愛い!と思わず言ってしまうようなものですね。

Van Verreのカンタ・マルチカバーはニュアンスカラーの組み合わせが素敵なので、原色が多めのものは選んでいませんが、気持ちが上がるような暖色系のカラーのものが多いかもしれません。

また、パステルっぽい印象ではなく、「大人可愛い」ものを選んでいます。

石井さんは実際にご自宅でもカンタのマルチカバーを使われているとのことですが、どのようなものをお持ちですか?

私が持っているのは白ベースのシンプルなカンタと赤系のカンタです。

今回セレクトして頂いたものの中にも片面が白系のカンタがありますが、使ってみていかがですか?

柄物のカンタが主流なので、かえって珍しく、実はレアアイテムとして人気があるんですよ。シンプルインテリアがお好きな方は取り入れやすいと思います。

また、使っていくうちに擦れて、白系のカンタは色の変化をより楽しめますよ。

なるほど!「色の変化を楽しむ」ってカンタを選ぶ上で、面白い視点かもしれないですね。白系のカンタに限らず、柄が少ないシンプルなものって、柄やパッチワークが細かいカンタと比べるともったいなく感じてしまうのですが、それぞれに良さがあるんですね。

そうですね。経年変化を楽しめるというのは、カンタならではの良さですね。使っていくうちに、あ!こんな色が出てきた!という発見があって愛着が湧きます。

一生懸命きれいに使おうとする必要はなくて、どんどん気軽に使ってほしいですね。うちでも猫を飼っているので、ガリガリされることもあるのですが、むしろ味になって育っていく感じです!

例えば、こちらのカンタのクッション。

実際に10年以上使っているものですが、元々はピンクと黒の市松模様だったんですけど、黄色や青っぽい色が出てきたり。

想像してなかった色が出てくることもあるので面白いですよ。

また、今回セレクトして頂いた中で実際に何枚か石井さんのご自宅でスタイリングして頂きましたがいかがでしたか?

使ってみたいカンタの候補がたくさんあって絞りきれなかったですね。

個人的にはポイントで赤が入っているものが特に好きで、その中で使いたい場所や他のアイテムとの色味のバランスを想像しながら決めました。

石井さんに実際のスタイリングをご紹介いただきましよう!

折りたたんで、座布団のように使っています。柔らかすぎず、かたすぎず、座りやすいですよ。

木のベンチの座面に1枚ひいて、もう1枚は背もたれにかけてみました。落ち着いたワインレッドのカンタがアクセントになっています。

ソファにかけてみました。今回は広げて覆うように使うのではなく、折りたたんで部分的にかけています。

わざとざっくりと折り畳んで、かけるのがコツです。カンタらしい味のある部分は見えて楽しいでしょ?

 

 

こちらも2枚のカンタを折りたたんで、椅子の上に置くだけですが、これだけでも素敵でしょ?

マルチカバーというと広げて使うというイメージがあると思います。実際にソファやベッドの上で広げて使われる方が多いのではないでしょうか。でも、それだけではなく、折って使ってみたり、飾ってみたり、色々な使い方に挑戦してみてほしいです。

ありがとうございます!ご自宅の色々な場所で、色々な使い方ができそうですね!でも、こんなに選択肢があると、どんなカンタが部屋に合うのかわからなくて迷ってしまいそうです。カンタを選ぶポイントはありますか?

先ほどもお話ししたように、寝室で使ったり、リビングで使ったり、色々な場所で使うことができます。また、表裏で色味や柄が違うので、雰囲気がガラッと変わるのもカンタの特徴ですよね。

例えば、片面は紫系でお花柄がポイントだけど、もう片面は薄い水色系でチェック柄、というように表裏で系統が違うんです。

ですので、いきなり「この部屋でこういう使い方をするなら、どのカンタかな?」と選ぶのではなくて、まずは自分の「これ好き!」という色や柄のカンタを直感で選んでみてほしいです。

その中で使いたい場所や他のアイテムとのバランスを考えながら決めていくのがオススメです。一点ものだから「直感」って大事なんです!

ご自宅のソファやラグの中に入っている色の同系色だと合わせやすいですが、中間色や反対色も面白いですし、私は自分の中の好きを大切に、直感で選んで、それを部屋のどこでどう使うかを考える時間も含めて楽しんでいます。

石井さん、貴重なお話をありがとうございました!みなさまのカンタ選びの参考になりますように。

石井佳苗さんの質問コーナー!

先日インスタグラムにて、カンタに関する石井さんへの質問を募集いたしました。
実際にカンタのマルチカバーを普段使いされている石井さん。
皆様からの質問に対して、とても丁寧にご回答頂きました!ありがとうございます!

・使い古したサリーなどで作られているとのことで衛生面が気になります。
衛生面が気になるようでしたら、購入されたら一度お洗濯することをオススメします。
コットン生地なので、ウールと比べるとお手入れしやすいので、気軽にお洗濯できると思います。
また、古い布だからこそ、使っているとホコリがたちにくい・吸い込みやすいなどの利点はあります。

・劣化が早いなどありますか?
ストーンウォッシュ加工で表面が擦り切れた感じになっているので、劣化していくというよりは中の色が出てきて、変化を楽しめる良さがあります。
例えば元はピンクだったのに、だんだんオレンジが出てきたり。
綺麗に使おうとしなくても良くて、むしろどんどん使って変化を楽しんでほしいと思います。

・お手入れ方法を教えてください。
薄くて小さめのものだと、ネットに入れて手洗いモードで洗濯機にかけます。
ネットに入らないサイズだと、お風呂場で押し洗いします。

・天日干しはOK?
天気の良い日に外で干すと気持ちよくなりますよ。
色の濃いものだと特に、長時間の天日干しは色あせの原因になることもありますが、もともとダメージ加工がされているものも多いのであまり気にしなくても良いかもしれません。

・猫を飼っているのですが、少し汚れた時に全体を洗わないお手入れ方法などありますか?
布やタオルに洗剤をつけてぽんぽんしてあげると良いと思います。
コットンなので、もちろんお洗濯もできますし、お手入れしながら気軽にたくさん使ってほしいです。
また中の色が出てきて、経年変化を楽しめる良さがあるというお話をしましたが、
ネコちゃんにガリガリされても、むしろその変化を楽しめるので、ネコちゃんを飼ってるおうちは安心して使えますよ。

・石井さんのご自宅で使用されるカンタの一番のポイントはなんですか?例えば色、デザイン、肌触りなど。
うちは赤が差し色のインテリアなので、赤系のカンタを選びがちですね。
暖色系がやはり多いですが、裏表使えるのでその時の気分で変えることもあります。
あとは直感で好き・可愛いと思ったものは買ってしまいます!コレクションしたくなるんですよねカンタって。

(上記写真は石井さん家での使用例です)

・肌触りは?
柔らかいですよ!
お気に入りでたくさん使った、くたくたのTシャツのような手触りですね。

・カンタの端切れを持っており、コースターを作っていますが、他に活用方法はありますか?
ランチョンマットやテーブルクロスはいかがですか?
あとはクッションやポーチも可愛いと思います。

・飽きない色、デザインとは?
やっぱり自分の好きな色、柄が飽きないと思います。

・シンプルインテリアにカンタを取り入れる際に、カンタが浮かないようにする方法はありますか?
カンタを全部広げないで、畳んだり、かけたり、部分的に見せたら使いやすいかもしれません。
例えば、エルメスのスカーフ。
あまり面で全部見せることはないですよね。
首元やバッグに結んだり、柄が一見わからないように、ポイントで使うと思います。
カンタも同じように、部分的に見せて使うとシンプルインテリアに取り入れやすいと思います。

・カンタは色が賑やかですが、他の家具やファブリックとの合わせ方は?
一色だけの方が、選択肢も限られますし、実は使いにくいんです。
カンタはたくさん色が入っているので、他の家具やファブリックと同系色のカンタは合わせやすいですし、逆に中間色や反対色のカンタも面白いと思います!

・部屋に合う色のカンタを選ぶポイントはありますか?
どこにカンタを使いたいかにもよりますが、ソファやラグの中に入っている色の同系色だと合わせやすいと思います。
でも中間色や反対色でも雰囲気が変わりますし、カンタは色々な色が入っていて、裏表で色味が違うものが多いので、
直感で好きだなと思ったものを買って、それを部屋のどこでどう使うかを考えるのも楽しいと思いますよ。

・ウォールナット×グリーンのソファに合うオススメのカラーはありますか?
落ち着いた印象のソファなら、パステル調より色がダークめな方が合わせやすいかもしれません。
でもパステル系のカンタも合わないわけではないので、自分の好き・可愛いという直感を信じて選んでみてください。

・ソファやベッドにかける以外の使い方は?
私は車の後部座席に敷いたり、ベンチの座面にかけたり、折りたたんで椅子の上に置いて座布団のように使ったりしています。
ふかふかすぎず、かたすぎず、座り心地が良いんです。
昔はベッドにかけていましたが、今は布団を使っているので、布団を畳んで部屋に寄せるときは目隠しとしてカンタをかけることもあります。

見るだけでも気分が上がるので、タペストリーとして使ったり、折りたたんで置いておいたりするだけでもインテリアとして成立しますし、本当に万能だと思います。
あとはバスケットに入れて、ネコちゃんのベッドにしても良いかも!

 

チーコさんのお花講座〜ストーンウェアベース〜

デンマークからストーンウェアのベースが届きました!

今回はなんと!東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんにお花を生けて頂きました!

とっても可愛い…!!!

Foragerさんが扱っているのは「普通なら脇役になる花」がほとんどで、気軽に部屋に飾れるような、おだやかな印象の花が並んでいます。

今回は見慣れないお花や動きの面白い葉を持ってきてくださったので、スタッフみんなでずっと可愛い!って言いながら、わいわいと楽しくチーコさんにお花を生ける時のポイントを教えて頂きましたので、皆さまにご紹介いたします!

このストーンウェアベースにはどんな風にお花を生けたら良いですか?

このベースは重心がずれているのが面白いですよね。
口が細めなので、シンプルに1種類生けがオススメ!
お水が汚れにくいので、長持ちしやすいですよ。

ベースを何種類か並べても可愛いと思います。
高さがあるタイプは細いお花やグリーンが、低めでぽってりとしたタイプは横に垂れるような、ボリューム感のあるお花が合わせやすいですよ。

高さがあって細いお花は高低差をつけながら、バランスを整えて、リズム感を出すように生けると面白いです!

ちなみにチーコさんのオススメは黄色のベースだそうですよ!
今回は動きの面白い(ちなみにネギの仲間!)グリーンを生けて頂きましたが、お花屋さんでよく扱ってるサイズで生けられるので、買ってそのままぱっと生けることができて使いやすいとのこと。

花とベースの高さのバランスって難しいですよね、結構失敗しがちです…

ボリューム感がある花は、花とベースの高さが1:1になるように切ったらバランスよくなりますよ。
高さがあって、細めの花はベースの1.5倍くらいの高さで切ると良いと思います。

花の高さに関しては、以前フラワースタイリストの増田由希子さんにも教えて頂きましたね。
「お花のキホン」という記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください!

 

 

つづきまして、ストーンウェアジャグ!

先ほどのベースと比べると、合わせる花もガラリと変わりそうですがどんな風にお花を生けたら良いですか?

このストーンウェアジャグを見たとき、ぱっと映画「かもめ食堂」が思い浮かびました!
食卓に飾るにはちょうどいいサイズで、使いやすそうですね。

また切り戻しをして茎が短くなってしまった時に、こういう小さなジャグに生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

(切り戻しとは•••水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。)

先ほどのベースと比べると、広口なので、
コンパクトになりすぎないように、葉でボリューム感を出すのがオススメです。

またどちらかの面にまとめるとしたら、前側にまとめるべし!とのことです。今回生けて頂いたものを上から見てみるとこんな感じ。

グリーンとの合わせ方のポイントってありますか?
質感や色味を合わせるとまとまりやすいですね。


例えば、この花びらのグリーンと葉の色は近いので相性が良いです。
でもくすみグリーンのような色味の葉を使うことで、全体の雰囲気を少し大人っぽく仕上げています。

逆に、元々の花の葉っぱと全然違う葉ものを合わせるのも、自然界ではあり得ない世界観を表現できるので面白いですよ!

 

こうしてお花を生けるポイントを伺うと実際に生けてみたくなりますよね。皆さまもぜひ試してみてください!

はじめてのAstier de Villatte

こんにちは。
ショップスタッフのイケダです。

Astier de Villatte(以下アスティエ)といえばオルネドフォイユの定番商品でもあり、ファンのお客様も多いブランドです。

ショップスタッフとしてオルネに入るまで、アスティエのことは知らなかったのですが、二人のデザイナーのこと、作品が出来上がるまでのことを知り、アスティエに実際に触れて、アスティエならではの魅力に惹かれ、私もほしいなあと思うようになりました。

とはいえ、決して安いお買い物ではないので、オルネに入って約1年間悩みに悩んで、買う買う詐欺状態になっておりました…。
アスティエ買ってみたいけど…と、同じように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、約1年間悩んだ私がオススメする、はじめてアスティエを買うならこれ!という商品をご紹介いたします。

はじめてのアスティエを選ぶにあたって、個人的には2つのポイントがありました。
1つ目はせっかく頑張って買うのだから、普段使いしやすいもの。
2つ目は高すぎないこと。いきなり高いものを買うのは怖いので、1万5千円くらいまでの価格帯で探していました。

まず、はじめてのアスティエにオススメしたいのは、直径15cm以内のスモールディッシュやソーサーです。
和食器でいうと豆皿サイズのものですね。

価格帯は1万以下のものが多く、アスティエ の中では買いやすくて、お菓子をちょこっとのせたら、なんだか優雅なお菓子タイムになりそう!
また、アスティエ のお皿は見るだけでも可愛いので、食器棚にしまってしまうのはもったいないと思ってしまい、アクセサリートレイとして、普段から見えるところに置いておくのも良いなあと思いました。

次にオススメしたいのはスーププレートです。
スープを入れるのはもちろんのこと、サラダや煮込み料理など、汎用性の高い形ですのでたくさん使えます!

価格帯は1万2千円前後のものが多いです。
先ほどのスモールディッシュやソーサーと比べると高くなってしまいますが、汎用性の高さを考えると頑張れると思いました。

使いやすさでいうと、プレートはやはり人気ですね。
トースト1枚をポンっと置いて、コーヒーを添えるだけで素敵な朝食のできあがりです。
おかずを少しずつ盛って、ワンプレートごはんにするのも良いですよね。
価格帯や使いやすさのバランスを考えると、個人的には20cm前後のサイズのプレートがオススメです!

みなさま、いかがでしたか?
もしアスティエ ほしいなと悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考になさってくださいね。

 

▼オーナー谷が語る、Astier de Villatteの魅力
http://www.ornedefeuilles.com/blog/archives/39541

 

新生活のちょい足しアイテムご紹介します!part2

←part1はこちら

 

新生活のちょい足しアイテムをご紹介しておりますが、続きましてはサイドテーブル!

くつろぎタイムの時にマグカップや本を置いたり、グリーンやお花を飾ったり、お部屋に一つあると色々な使い方ができますよね。

オルネ ド フォイユの大人気商品にもなっているウッドスツール。
個人的にはシンプルさと安定感から4脚タイプのウッドスツールをオススメします!
自然の木の感じがそのまま残っているので、存在感があり、お部屋のアクセントになりますよ。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009705

 

先日入荷したばかりのオークのサイドテーブル。

オーク材のボードとポールで構成された小ぶりなテーブルは、側面が格子になっているので抜け感があり、見た目にも楽しませてくれるデザイン。

 ナチュラル系やミニマル系のお部屋から和テイストの空間までマッチします。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009747

 

ファブリック系のちょい足しアイテムでオススメしたいのは、やはりインド生まれのカンタキルトのマルチカバー!
ソファやベッドに掛けたり、敷物にしたり、壁に飾ったり、1枚あるだけででお部屋の雰囲気を変えることができます。季節や気分に合わせて裏表を気軽に使い分けられるのも魅力です。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009679

 

ラグでこれからの季節にオススメなのはモロッコのザナフィという毛足の短いラグです。
小さめサイズなので、玄関やキッチン、お部屋の一角など様々なところで使いやすいラグですよ。
模様替えのタイミングに合わせて、ラグをひく場所を変えてみるのも面白いですね。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009552

 

最後にご紹介したいちょい足しアイテムはフラワーベースです。
一輪あるだけでも、お部屋がぱっと華やかになりますし、季節感を楽しめるのは良いですよね。

実店舗でもフラワーベースはディスプレイで使用しますが、すごく使いやすいなと感じるのはウォールベース!
棚やテーブルにあまりスペースがない方、壁面のスペースが余っている方にオススメですよ。1〜2本ささっと挿すだけでも可愛く仕上がるので、お手軽にお花やグリーンと取り入れられます。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000008579

 

大人っぽく飾りたい方にはダークブラウンのガラスベースはいかがでしょうか。
ブーケを入れて華やかにしても良し、ガーベラやダリアのような存在感のあるお花を数本挿してかっこよく飾っても良し。
光を通してできる影に色がつく様子もきれいで、お天気や時間帯によってもいろいろな表情を見せてくれます。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009539

落ち着かない日々が続きますが、春に向けてお部屋を整えて、気分をあげてみてはいかがでしょうか。