モロッコグラスってなに?

みなさま、モロッコグラスってご存知ですか?

リサイクルガラスからできており、「吹きガラス」製法で、ひとつひとつ現地の職人さんによって作られています。

出典:https://kessybeldi.com

リサイクルガラスからできる製品は、その土地土地で使われているガラスによって色味が変わると言われていますが、モロッコではラムネ瓶の様なうっすら青緑がかった色味のグラスが定番です。

出典:https://kessybeldi.com

吹きガラス特有の、気泡や黒点、サイズ差、うねり、かたちなどが見られ、少しいびつな手作り感がこのモロッコグラスの魅力でもあります。

20世紀前半からモロッコで使用されるようになり、一昔前までは、どこのカフェに行ってもこのようなモロッコグラスが出てたそうですよ。

モロッコの国民的飲み物でもあるミントティーもよくこのグラスで飲まれるとか。

出典:https://kessybeldi.com

高い位置から注ぐという特徴的な注ぎ方で、昨年オルネで開催した「恋するモロッコ展」ではモロッコ料理認定講師の川瀬真実子さんに実演して頂きましたね。
現地では熱いミントティーを飲むので、真ん中あたりの膨らみは熱くでも持ちやすいようにできたものだそうですよ。

しかし、モロッコグラスを作る職人の数もだんだんと減り、工場が次々と閉鎖してしまいました。
このままではモロッコグラスの伝統が途絶えてしまう。

そこで、モロッコグラスの伝統を守ろうとする動きが近年盛んになり、最大のモロッコグラス工房として知られる「Verre Beldi」も当時経営不振のため廃業に追い込まれたましたが、マラケシュ郊外のリゾートホテル「Beldi Country Culb」のオーナーがホテルの敷地内に工場を復活させました。

オルネでは今回、同じくモロッコグラスの伝統が途絶えないようにと、工房を作った「Kessy Beldi」のモロッコグラスを仕入れました。


「Kessy Beldi」はカサブランカにある工場が閉鎖することを知った創業者のBouchaib Harmouzi氏によって創業、彼はモロッコグラスの手法を学び、マラケシュに工房兼ショップを構えました。

出典:https://kessybeldi.com

従来のモロッコグラスだけでなく、世界的にモロッコグラスの魅力を広めるべく、様々な色や形のモロッコグラスを製作しています。

前回モロッコへオーナーの谷が買い付けに行った際に、工房を訪ね、実際にモロッコグラスを職人さんが作っている様子を撮影いたしましたので是非ご覧ください!

今回は定番のカラーや形だけではなく、Kessy Beldiで製作されている様々なモロッコグラスが入荷いたします!またモロッコでは日常的に食器として使用されておりますが、今回オルネではインテリア雑貨としてもご紹介いたします。


食器としてご使用いただく場合は、耐熱性(80℃前後)ではありますが、沸騰したてのお湯を入れたり、氷をいれたグラスに直接お湯を入れるなどの急な温度差は、グラスが割れる原因になりますのでご注意くださいませ。

手作りのぬくもりを感じるモロッコグラスは、見た目にも涼やかで、これからの季節にぴったりです!気泡や歪みなど少し歪な感じもどこかモロッコ らしくて、なんだか愛着が湧きますよ。

カンタの製作現場を訪ねました!

今年の2月にオーナーの谷がインドを訪れた際に買い付けたカンタが先日入荷いたしました!WEBショップに入荷するまで、もう少しお待ちくださいね。

オルネではカンタのマルチカバーやクッションなどお取り扱いしておりますが、実ははじめてのインドだったそうです^^

インドではカンタ製作の現場をいくつか訪ねたとのこと。
今回はその様子も交えながら、カンタについてご紹介していきたいと思います。

元々はインドやパキスタンなど遊牧民の家庭で、古くなったサリーや腰布などのハギレを縫い合わせて、刺繍して使われていたのがはじまりで、嫁入り道具として母から娘へ長い間受け継がれてきた伝統工芸品です。
家財道具にかけたり包んだり、また敷物として使用したりと日常の暮らしに寄り添ってきました。

現在では海外でも注目され、インド国内でもおもてなしの場で使われることも多いとか。オーナーの谷が宿泊したホテルではカンタのマルチカバーがベッドカバーとして使用されていたそうですよ!

*Buyer’s Voice*
なぜカンタを取り扱おうと?
サリーにも流行りがあるので、どうしても使わなくなったもの、余ってしまうものがあります。
カンタはそのようなサリーや腰布などのハギレを使って作られているので、布を組み合わせたり、刺し子を施して丈夫にしています。
それはどこか日本の着物文化に近しいものがあるなと興味をもったのがきっかけです。

カンタ製作の現場はいかがでしたか?
今回は何軒か訪ねたのですが、大きい工場のようなところ、普通の家のようなところで少人数で製作しているところなど様々でした。
以前は女性が作り手だったようですが、現在は男性も製作に携わることもあるようです。

これは刺し子を施している様子です。1針1針丁寧に。シンプルに等間隔に縫っているものもあれば、柄のようなデザインもあります。

これは大きめの工場を訪ねた際の写真です。
最終的な仕上げや補修をしているところです。

布の貼り合わせ方、ステッチの仕方、生地の厚みや、どのような柄が入っているか、1つとして同じものがありません。

インドから商品が届いたら、私達スタッフで1枚1枚広げて、穴や汚れなどないか確認するのですが、大きさや厚みも違いますし、少し斜めになっているもの、フリンジがついているもの、それぞれ個性的です。スタッフ同士で「この柄可愛い!」「ここシルクっぽい質感だね!」「裏表で雰囲気かなり違うよ!」というように、実際にお買い物をしている感覚で楽しみながら検品しています。

みなさまにとってお気に入りの1枚が見つかりますように。

オーナー谷のアトリエ探訪

こちらの作品、ひと目見て思わず「かわいい!」と声が出ちゃいませんか。
ポーランドの首都ワルシャワにアトリエを構えるFenek Studioの作品です。
2014年にスタートし、陶器はポーランドの土を使ってハンドメイドで作られています。

東京幡ヶ谷の大人気焼き菓子店Sunday Bake Shopさんにイベントの打ち合わせにお伺いした時、ショーケースに入っていた個性的な顔の作品たち。
それが僕とFenek Studioの出会いでした。

「可愛い、可愛い」と見ていると、島崎さんと松政さんのお気に入りでポーランドに実際に見に行って買ってきたと言うではないですか。
その場で話は盛り上がり僕がポーランドに行って話をしてきて、いつか一緒にイベントとかやりたいね!ということになりました。

翌日さっそく取引をしたいと連絡を取り、フランス出張に合わせて行き先にポーランドを加えました。
そして実現したアトリエ訪問!

小さな小さなキッチンがついていて、お店のような作業場のような家のようなアトリエでした。
お風呂とかキッチンとか昔のお部屋と思われる名残があるのが面白かったです。

何より新鮮に感じたのが、お茶を飲んで会話を楽しみながら制作をしていること。
作家さんというと一人黙々と作品と向き合うというイメージがあったので、ワイワイ作業をしているのを良いなぁと思いました。

明るいけど少し慎ましい、日本人にも通じるところがある雰囲気にも好感がもてました。

彼女達が作る愛嬌を感じるちょっと変わった陶器たち。

実際に作陶されている和やかな現場を見て作風を納得しました。実験的に、言うなれば好き勝手作りたいものを作っている姿を魅力に感じました。

最初、卸すことに難色を示されたのですが、実際に足を運んでいたこともありなんとかクリア。
今回ご紹介するのは、ポーランドで直接僕が選んできたアイテムです。
一つ一つハンドメイドで作られているからこそ同じものは一点もないですよ。

不動前店で一足先にご紹介した時、皆さんの反応も良いので先方も喜んでくれています!
日本で扱っているところがまだないので、このご縁を繋いでいきたいなぁと思っています。

プリミティブを取り入れてみませんか?

みなさま、「プリミティブ」という言葉を聞いたことはありますか?
プリミティブとは、「原始的な、素朴な」という意味の言葉です。

近年、「プリミティブ」がインテリアのトレンドになっています。

インテリアトレンドとして、ここ数年注目されている「ボーホースタイル」でも「プリミティブ」アイテムは重要な要素とされています。

*ボーホースタイルとは?
ボーホーとは、ボヘミアンと米ニューヨークのソーホーを組み合わせた造語です。
都会的でモダンな雰囲気に、民族調のプリミティブな要素をミックスしたスタイルのことです。

オルネでもよくご紹介していますベニワレンラグはボーホースタイルに欠かすことができない代表的なアイテムの一つです。その他にもシープスキンのラグやマクラメ編みのアイテムなども、よくインスタグラムなどで見かけます。

そして、ボーホースタイルには欠かせない小物系アイテムが、自然素材の雰囲気を力強く活かしたアイテムたちです!

例えば、こちらのチークルートのテーブル。
素朴な雰囲気ながら存在感が強く、工業製品では出せない、手仕事ならではの独特な雰囲気を醸し出しています。

こちらは建物の柱として使われていたものをアップサイクルして作られたと思われるキャンドルホルダー。
民族調のディテールや新品にはない特有の素材感と個性がありますね。

このように自然素材の雰囲気をそのままいかしたアイテムや、歪みや割れは気にせずリペアしながら長年使われてきたアイテム、アフリカなどの古民族が昔からの道具で継承しながら作ったものが「プリミティブ」なアイテムなんです。

機械的なもの疲れみたいなところからなのか、海外の展示会やインスタグラムではこのようなプリミティブアイテムが流行っているそうですよ。
オルネでは自然すぎない「かっこよさ」があるものをセレクトしています。

家の中は直線的な物がどうしても多くなってしまうので、その中に自然のモノや形を取り入れると少しほっとするような空間ができます。
プリミティブで固めるのではなく、空間の中にいくつか取り入れていくイメージですね。

こちらは先日入荷しましたテーブル。コーヒーセレモニーというエチオピアの伝統的なおもてなしの儀式に使われる、木彫りのテーブルです。

1点ずつ形や装飾が異なり、個性的なミニテーブル。ラグに置いて、テーブルとしても使っても良し、棚の上でディスプレイや小物入れとして使っても良し!どんな使い方したら面白いかなとイマジネーションを膨らませられるのもプリミティブ アイテムの魅力です。

直線の空間には良く合いますので、アートっぽく飾るのであれば、ポツンと単体で置くだけで絵になります。

普段使いするなら、シルバーや陶器、柔らかいファブリック等異素材のものとの相性が良いと思いますよ。

あとは静と動で植物との相性が良いです!

これからオルネでは、様々なプリミティブ アイテムをご紹介していく予定ですのでお楽しみに!

みなさんもモダンな空間に、味わいのあるプリミティブなアイテムを取り入れてみませんか?

チーコさんのお花講座〜オルネの定番ベース〜

東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんに、前回新商品のストーンウェアベースにお花を生けて頂きましたが、その際にオルネの定番のベースたちにも生けて頂きましたので、今回ご紹介させて頂きます!

今回もすっごく可愛いですよ!!!

まずはオルネで一番人気のベースです!どんなお花が合うでしょうか?

このベースは見た目の体重が軽そうなので、同じように軽やかなお花が合うと思います!
口が細いので、一輪だけでも良いですし、茎が細いものを5〜7本くらい生けても良いですね。

葉が取ってある状態でお店に並んでいるお花なら、あえて別の葉を加えてあげても面白いと思います。
皆さんにはこうやってどんどん遊んでほしいですね!

次にウォールベース!チーコさんが思う、このベースの良いところって何ですか?
少ない本数でも楽しめるので、夏でもお花を飾るのを諦めなくてよさそうですね。

ウォールベースの一番の特徴は「平面で見ること」だと思います。
片面だけという制限があるからこそ、迷いなく生けられますし、生けただけで絵になって、標本っぽさがあり可愛いなと思います。
お花は一輪でも良いし、動きのある葉だけでも十分絵になりますよ。

ウォールベースの生け方のポイントを教えてください

少ない本数を生けるからこそ、お花や葉の動きを活かしてあげることが大切です。
しっかり観察して、それぞれのクセを見極めてくださいね。

お花選びのポイントですが、小さめのベースでお水をたくさん入れられるわけではないので、お花を買う際にお花屋さんで「水が少なめでも大丈夫ですか」と聞いてみるのがオススメです。

水の量って意外に気にされる方は少ないかもしれませんが、水圧が茎にかかることで水の流れが良くなるので、それぞれのお花に適した水の量があるんです。
お花屋さんでたくさん質問しながら、お花を買って、是非そのお花に合った生け方をしてみてください。

また、ウォールベースに限ったことではありませんが、葉がついているお花を生ける際は口の部分に葉の生えはじめがくるとバランスが良くなりますよ。

こちらはオルネで人気の陶器のベースです!それぞれ雰囲気が違いますが、どのように生けたら良いでしょうか?

ラウンドベースは土ものでどっしりとしているので、高さを出すよりは横にボリューム感を出して、雪だるまのようなシルエットにするのがオススメです。

オーバルベースはラウンドベースよりは高さがありますし、コロンと優しい感じがしたので、あえて軽やかなものを合わせてボリューム感を出しても面白いと思います。
また、どちらもマットな質感なので、同じくマットで落ち着いた感じのお花や葉を合わせてあげると統一感が出ますよ。

このフラワーベースのように、口の広いピッチャーはチューリップとの相性が良さそうですね。
チューリップ単体でも可愛いですし、今回はユーカリの葉を合わせてみました!
動きのある葉と合わせることで、チューリップの単調さが解消されるんです。

このホワイトジャグは、やや広口なので、背は高いですがバランス取りやすくて使いやすいと思います。何種類か生けられると思うので、ブーケのような仕上がりになって遊びやすいのではないでしょうか!
今回はダスティーカラーの落ち着いた色味で統一感を出しながら、見た目の体重が重いものと軽いものを組み合わせてみました。
見た目の体重が違うものを組み合わせる時は、重いものを下に、軽いものを上に持ってくるとバランスが取れます。

最後に番外編です!こちらは4月に新入荷するベースです。こういう広口のベースは難しいイメージがあるのですが、どのように生けたら良いでしょうか?

小さいものには球根がオススメです。

大きいものは難しいですよね。
ポイントは葉です!
葉でボリューム感を出すとバランスが取りやすいと思います。
葉を最初に生けて、その間に花を差し込んでいくようなイメージで生けてみてください。

あとは葉が立派なお花、枝分かれしているお花を選んで生けるのもオススメですよ。
そういうお花は生けたときにボリューム感が出やすいので、広口のベースにはぴったりです!
逆に1本に1花のものは、口が狭いベースの方が良いですね。

また、庭でお花を育ててる人がいたら、間引いたお花をガサッと生けてあげても可愛いと思います。

みなさまいかがでしたか?
こうして色々と教えていただくと、実際にやってみたくなりますね。

ご自宅にお花や花器を迎える時はぜひ参考になさってください!