チーコさんのお花講座〜ストーンウェアベース〜

デンマークからストーンウェアのベースが届きました!

今回はなんと!東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんにお花を生けて頂きました!

とっても可愛い…!!!

Foragerさんが扱っているのは「普通なら脇役になる花」がほとんどで、気軽に部屋に飾れるような、おだやかな印象の花が並んでいます。

今回は見慣れないお花や動きの面白い葉を持ってきてくださったので、スタッフみんなでずっと可愛い!って言いながら、わいわいと楽しくチーコさんにお花を生ける時のポイントを教えて頂きましたので、皆さまにご紹介いたします!

このストーンウェアベースにはどんな風にお花を生けたら良いですか?

このベースは重心がずれているのが面白いですよね。
口が細めなので、シンプルに1種類生けがオススメ!
お水が汚れにくいので、長持ちしやすいですよ。

ベースを何種類か並べても可愛いと思います。
高さがあるタイプは細いお花やグリーンが、低めでぽってりとしたタイプは横に垂れるような、ボリューム感のあるお花が合わせやすいですよ。

高さがあって細いお花は高低差をつけながら、バランスを整えて、リズム感を出すように生けると面白いです!

ちなみにチーコさんのオススメは黄色のベースだそうですよ!
今回は動きの面白い(ちなみにネギの仲間!)グリーンを生けて頂きましたが、お花屋さんでよく扱ってるサイズで生けられるので、買ってそのままぱっと生けることができて使いやすいとのこと。

花とベースの高さのバランスって難しいですよね、結構失敗しがちです…

ボリューム感がある花は、花とベースの高さが1:1になるように切ったらバランスよくなりますよ。
高さがあって、細めの花はベースの1.5倍くらいの高さで切ると良いと思います。

花の高さに関しては、以前フラワースタイリストの増田由希子さんにも教えて頂きましたね。
「お花のキホン」という記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください!

 

 

つづきまして、ストーンウェアジャグ!

先ほどのベースと比べると、合わせる花もガラリと変わりそうですがどんな風にお花を生けたら良いですか?

このストーンウェアジャグを見たとき、ぱっと映画「かもめ食堂」が思い浮かびました!
食卓に飾るにはちょうどいいサイズで、使いやすそうですね。

また切り戻しをして茎が短くなってしまった時に、こういう小さなジャグに生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

(切り戻しとは•••水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。)

先ほどのベースと比べると、広口なので、
コンパクトになりすぎないように、葉でボリューム感を出すのがオススメです。

またどちらかの面にまとめるとしたら、前側にまとめるべし!とのことです。今回生けて頂いたものを上から見てみるとこんな感じ。

グリーンとの合わせ方のポイントってありますか?
質感や色味を合わせるとまとまりやすいですね。


例えば、この花びらのグリーンと葉の色は近いので相性が良いです。
でもくすみグリーンのような色味の葉を使うことで、全体の雰囲気を少し大人っぽく仕上げています。

逆に、元々の花の葉っぱと全然違う葉ものを合わせるのも、自然界ではあり得ない世界観を表現できるので面白いですよ!

 

こうしてお花を生けるポイントを伺うと実際に生けてみたくなりますよね。皆さまもぜひ試してみてください!

はじめてのAstier de Villatte

こんにちは。
ショップスタッフのイケダです。

Astier de Villatte(以下アスティエ)といえばオルネドフォイユの定番商品でもあり、ファンのお客様も多いブランドです。

ショップスタッフとしてオルネに入るまで、アスティエのことは知らなかったのですが、二人のデザイナーのこと、作品が出来上がるまでのことを知り、アスティエに実際に触れて、アスティエならではの魅力に惹かれ、私もほしいなあと思うようになりました。

とはいえ、決して安いお買い物ではないので、オルネに入って約1年間悩みに悩んで、買う買う詐欺状態になっておりました…。
アスティエ買ってみたいけど…と、同じように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、約1年間悩んだ私がオススメする、はじめてアスティエを買うならこれ!という商品をご紹介いたします。

はじめてのアスティエを選ぶにあたって、個人的には2つのポイントがありました。
1つ目はせっかく頑張って買うのだから、普段使いしやすいもの。
2つ目は高すぎないこと。いきなり高いものを買うのは怖いので、1万5千円くらいまでの価格帯で探していました。

まず、はじめてのアスティエにオススメしたいのは、直径15cm以内のスモールディッシュやソーサーです。
和食器でいうと豆皿サイズのものですね。

価格帯は1万以下のものが多く、アスティエ の中では買いやすくて、お菓子をちょこっとのせたら、なんだか優雅なお菓子タイムになりそう!
また、アスティエ のお皿は見るだけでも可愛いので、食器棚にしまってしまうのはもったいないと思ってしまい、アクセサリートレイとして、普段から見えるところに置いておくのも良いなあと思いました。

次にオススメしたいのはスーププレートです。
スープを入れるのはもちろんのこと、サラダや煮込み料理など、汎用性の高い形ですのでたくさん使えます!

価格帯は1万2千円前後のものが多いです。
先ほどのスモールディッシュやソーサーと比べると高くなってしまいますが、汎用性の高さを考えると頑張れると思いました。

使いやすさでいうと、プレートはやはり人気ですね。
トースト1枚をポンっと置いて、コーヒーを添えるだけで素敵な朝食のできあがりです。
おかずを少しずつ盛って、ワンプレートごはんにするのも良いですよね。
価格帯や使いやすさのバランスを考えると、個人的には20cm前後のサイズのプレートがオススメです!

みなさま、いかがでしたか?
もしアスティエ ほしいなと悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考になさってくださいね。

 

▼オーナー谷が語る、Astier de Villatteの魅力
http://www.ornedefeuilles.com/blog/archives/39541

 

新生活のちょい足しアイテムご紹介します!part2

←part1はこちら

 

新生活のちょい足しアイテムをご紹介しておりますが、続きましてはサイドテーブル!

くつろぎタイムの時にマグカップや本を置いたり、グリーンやお花を飾ったり、お部屋に一つあると色々な使い方ができますよね。

オルネ ド フォイユの大人気商品にもなっているウッドスツール。
個人的にはシンプルさと安定感から4脚タイプのウッドスツールをオススメします!
自然の木の感じがそのまま残っているので、存在感があり、お部屋のアクセントになりますよ。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009705

 

先日入荷したばかりのオークのサイドテーブル。

オーク材のボードとポールで構成された小ぶりなテーブルは、側面が格子になっているので抜け感があり、見た目にも楽しませてくれるデザイン。

 ナチュラル系やミニマル系のお部屋から和テイストの空間までマッチします。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009747

 

ファブリック系のちょい足しアイテムでオススメしたいのは、やはりインド生まれのカンタキルトのマルチカバー!
ソファやベッドに掛けたり、敷物にしたり、壁に飾ったり、1枚あるだけででお部屋の雰囲気を変えることができます。季節や気分に合わせて裏表を気軽に使い分けられるのも魅力です。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009679

 

ラグでこれからの季節にオススメなのはモロッコのザナフィという毛足の短いラグです。
小さめサイズなので、玄関やキッチン、お部屋の一角など様々なところで使いやすいラグですよ。
模様替えのタイミングに合わせて、ラグをひく場所を変えてみるのも面白いですね。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009552

 

最後にご紹介したいちょい足しアイテムはフラワーベースです。
一輪あるだけでも、お部屋がぱっと華やかになりますし、季節感を楽しめるのは良いですよね。

実店舗でもフラワーベースはディスプレイで使用しますが、すごく使いやすいなと感じるのはウォールベース!
棚やテーブルにあまりスペースがない方、壁面のスペースが余っている方にオススメですよ。1〜2本ささっと挿すだけでも可愛く仕上がるので、お手軽にお花やグリーンと取り入れられます。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000008579

 

大人っぽく飾りたい方にはダークブラウンのガラスベースはいかがでしょうか。
ブーケを入れて華やかにしても良し、ガーベラやダリアのような存在感のあるお花を数本挿してかっこよく飾っても良し。
光を通してできる影に色がつく様子もきれいで、お天気や時間帯によってもいろいろな表情を見せてくれます。
https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009539

落ち着かない日々が続きますが、春に向けてお部屋を整えて、気分をあげてみてはいかがでしょうか。

新生活のちょい足しアイテムご紹介します!part1

だんだんと暖かい日が増えてくる3月は新生活の準備やお部屋の模様替えの時期ですよね。

そこで今回はお部屋に一つ足すと、おしゃれで便利なもの、雰囲気が変わるものをご紹介いたします。

まずはミラー!

ミラーってあると雰囲気が変わるのに、意外に家具や家電を揃えるときに後回しになってしまいませんか?

現在オルネドフォイユでは、様々なサイズやテイストのミラーのお取り扱いがございますので、お部屋に合うものが見つかるかも!

ナチュラルな雰囲気、あたたかみがあるようなお部屋にオススメなミラーはこちら。

アーチ・ウォールミラー/ホワイトは、マーモリウムという床材でよく使われる素材をアーチ部分に、下部に木を使用しているのでナチュラル感のあるミラーです。

丸みのあるデザインとナチュラルなカラーでお部屋に馴染みやすいデザインです。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009272

 

先日入荷したばかりのバンブーフレームミラー。

まん丸なウッドフレームミラーにレザーのハンドルがアクセントになっており、シンプルなデザインなのですっきりとした印象で、周りのアイテムを邪魔しない取り入れやすいミラーです。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009749

 

次にご紹介したいのが収納アイテム。

お部屋の模様替えをすると、物の収まりが悪くなったり、違う見せ方をしたくなったりしますよね。

あと個人的には、引っ越しをすると心機一転、収納アイテムを変えたくなります。

オルネドフォイユで人気の収納アイテムはこちら。

ふた付きスクエアバスケットはアラログ素材のバスケット。アラログはしっかりとした素材で、水にも強いので洗面台やトイレでの収納にもオススメです。

ふたの部分は取り外し可能ですので、背の高いものを入れたい時はふたを取り外してお使いください!

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000006080

 

同じアラログ素材のオーバルバスケットも人気ですよ!

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000003478

 

見せる収納、レクタングルワイヤーボックスはディスプレイ感覚で収納したい方にオススメです。

隠して見えなくしてしまう収納ケースばかりだと、どこか息苦しくなってしまいますが、こんなワイヤーボックスを取り入れることで、お部屋を風通し良く軽やかに見せてくれますよ。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009544

 

壁面に収納をちょい足ししたい方には先日入荷したハンガー付きウォールポケットはいかがでしょうか。

玄関先やキッチンなど、普段よく使うものを取りやすいところにおしゃれに収納できますよ。

https://shop.ornedefeuilles.com/shopdetail/000000009750

 

part2に続きます→

普段使いにちょうどいい。メキシコのハンモックバッグ

オルネで人気のハンモックバッグが今年も入荷いたします!(2/25入荷予定)

ハンモックバッグはメキシコのチアバス州の小さな村に住んでいる女性たちによって、古くから使われている腰機(こしばた/Back Strap Loom)という織り機の原点ともいえる織り機で丁寧に織られています。

ハンモックを思わせる持ち手部分は、生地を織る際に縦糸を長く残し、一本一本手作業でロープ編みを施しています。

可愛らしいチャーム付きで、こちらの紐も同じく織り機で織られており、ミサンガやストラップとして使うことができます。

メキシコでは潜在能力を引き出してくれたり、自分の身を守ったりしてくれるお守りとして身につけられているそうですよ。

使い込むほどにやわらかく、体に馴染み、普段使いにもちょうどいいサイズ感。

肩からも楽にかけられ、ジャケットやコート着用時でも持ちやすく、シーズン問わず、男女問わずお使いいただけます。

軽くかさばらないので、旅行に持っていくのにもオススメです。

内側にはポケットが一つ、マチのないフラットなパターンのバッグですが、

1枚の生地を折り返し、少し膨らみをもたせているので、荷物を入れると自然と立体感が出て、ある程度ボリュームのあるものも収まります。

雑誌やノートもすっきりと収まるサイズ感です。

マチのあるポーチや水筒も入りますよ!

ハンモックバッグはスタッフ人気も高く、特に春夏の季節にはスタッフの半分くらいがハンモックバッグで出勤なんて日もありました!

 

!

みなさま、是非ハンモックバッグで春の装いを取り入れてみてください!