まるでパリジェンヌのような美しさ-Astier de Villatte Fair-

11月より開催しておりますAstier de Villatte Fairの装花をフラワースタイリストの増田由希子さんにお願いしました。

そこで今回は装花のポイントやAstier de Villatte の花器とお花の合わせ方について教えて頂きました!

今回の装花ではどのようなイメージで花や葉物を選ばれたのですか?
一輪だけでも存在感のある花をメインに、そして色使いに気をつけながら選びました。
存在感のある花というのは、それ自体に主張があります。
それは私の中の「フランス人女性」のイメージでもあります。

 

 

 

メインの花の色は、レッドとコーラル。
どちらもはっきりとした色ではあるけれど、鮮やかというよりもくすんだ色使いです。
パリの街に似合いそうな色を選びました。

グリーンはビバーナムティナスという実のついたものとダスティーミラーというシルバーリーフを。
シルバーは冬を連想させるので、今の季節に合わせて選びました。

アスティエの花器に合わせる時のポイントはありますか?

アスティエの花器は、日本にあってもフランスを感じさせ、花を生けることで独特な世界観が生まれます。
どんな花も素敵に見せてくれるので、こういう花を選んだ方が良いというのはありませんが、例えば、一輪なら存在感のある花を、可憐な草花ならグリーンを足して、花器の存在感に負けないボリューム感を出した方がより素敵になると思いますよ。

いけるときに気をつけることはありますか?

いけるときは「丁寧に美しく」

いけ方はその花によります。
その花のどこをみせたいのか、その花の良さを引き出してあげること。
花顔を美しく見せたければ、丈は短く
すっとした茎、姿全体の美しさを見せたければ、丈は長く。
「美しくいける」というのは、その花の良さを引き出してあげることです。

アスティエの花器はそこにあるだけで美しく存在感があるので、オブジェのように飾っておいても素敵ですが花を生けることでよりお互いの美しさが引き立つのではないでしょうか。

花の良さを見極めること。これは前回も教えて頂きましたね。

いつも花をカットするときに迷ってしまうのですが、何を見せたいのかが大事なんですね。

そして最後に遠くから全体を確認してください。
花器とのバランスはおかしくないですか?

花と花器だけではなく、それを置く場所。
インテリアとのバランスも考えながら、いけられるようになれたら完璧です!
花は全てのバランスで決まります。

最後に2階も素敵に演出してくださいましたが、どのようなイメージで作られたのですか?

2階は静まり返った、冬の森をイメージしています。

時折粉雪が舞う
風の音はしない
森は深い眠りについている
冷たそうに感じられるけど、一歩一歩中へ進んで行くと
包み込まれるような暖かさを感じる

大きく息を吸い込み、耳を澄ます。
針葉樹林の香り
植物たちの息づかい
この場所に立っているだけで心が落ち着くようなあたたかい冬の森

そんな世界を表現してみました。

またヴァイオレットレッドを加えることで、幻想的な世界観を演出しました。
植物ではあるけれど、現実にはない色で
今までに誰もみたことがない森に仕上げています。

 

1階の装花はもう残念ながら、ほとんどご覧頂くことはできませんが、2階はまだご覧いただけますので増田さんの世界観をぜひ感じてみてください。

うつわと向き合うこと

オルネ ド フォイユでは先日より大和田友香さんの作品のお取り扱いがはじまりました。

昨年より本格的な作家活動をスタートされた若い作家さんですが、器やものづくりへの向き合い方がとても素敵でしたので、大和田さんに伺ったお話を是非ご紹介させてください!

-制作される上で心がけている事はありますか?-

粘土の可塑性、焼成によって起こる変化や現象など、陶芸の面白みを見つけるために釉薬や素地の粘土の組み合わせ、焼成方法も実験的にさまざまなの方法を試してみています。

見つけた面白みを生かすために、過剰な装飾はせず、シンプルなかたちを意識し、そのようなの中でもどこか独自性や新しさがあり、人々をはっとさせる作品を目指し製作しております。

表面的な華やかさだけでなく潜在的にどこか惹かれてしまう。そんな作品をお届けできればと考えております。

 

-Kinari plateはすごく優しい印象を受けましたが、どのようなこだわりが?-

Kinari plateは少し黄みがかった白色でやさしい印象の中、縁を黒で凛と引き締めました。器の形状的にも毎日の食卓に並べて頂ける姿を望んでいまして、使う際に緊張感のあるものより温かみを大事にしたいと思いました。

砂交じりの素地と貫入の表情でアンティークのような風合いもあります。
また、淵に段差をつけることにより釉たまりが綺麗に出ます。

−砂交じりの素地ですか?–

本来ならば磁器土など不純物のない精製された土を使うことも可能です。ですが、不純物のない綺麗な土で同じ形を作るとどうしても洗練されすぎたシュッっとした硬い冷たいイメージの作品が出来上がってしまいます。
荒削りな精製されていない砂混じりの土を使うことで、精製しつくされていない、いわば完璧すぎない土の表情を見ていただければと思います。

横にある線のようなものは、ろくろでの削りの際に砂が自然に引っかき傷をつけてくれて、それが表情の一部になっています。

−個人的に雪輪シリーズがすごく好きです!どのように制作されているのですか?−

丸いお皿の形から一つ一つ雪輪の形をカッターで切り取り製作しております。
可愛らしい形ですか縁を黒で引き締めることで凛とした印象になるようにいたしました。

雪輪は雪の結晶を抽象化させた日本の伝統文様ですがどこか洋風なイメージもあり、和食洋食どちらにもお使いいただけるかと思います。
和菓子やケーキを載せてもかわいいですが、アクセサリーを見せて収納するのに使っていただく方もいるようです。

−一輪挿しは表面にうすく模様がはいっていますよね?−
飛びかんなという技法で表面にテクスチャーをつけており、溝が深い部分には釉薬がたまり真っ白に、溝がない凸となった部分は釉薬が薄く土の表情が見え生成色になっています。
表面の凸凹を生かすための釉薬を見つけるために何度も釉薬のテストを行いました。
まるで貝殻やレースのようにも見えてくるとお客様の中にはおっしゃってくださる方もいます。

作家さんがどのような点にこだわって作品を作られてるのか、こうして知ることができると大切に使いたくなりますよね。
また大和田さんの釉薬には貫入が入っているため、使うごとに貫入部分に色が入り込み、自分だけの味わい深い器へと変化していくので、器を育てる楽しみを感じることができます。

個人的には貫入は味わいがあって、愛着も湧くのでオススメですが、貫入に色が入っていくのを好まれない方は、使う前にしっかりと目止めをすると色が付きにくくなりますのでお試しください!

大和田さんの作品は実店舗にも入荷しておりますので、気になる方は是非お手にとってみてください。

お花のキホン

花のある暮らし、すごく素敵ですよね。

お部屋に彩りが加わると、空間が華やかになり、なんだか心も豊かになります。

とはいえ、インスタグラムで見るようなオシャレな生け方ってどうすればいいんだろう…と思ったことはありませんか?

 

そこで9月にイベントを開催して頂きました、フラワースタイリストの増田由希子さんに基本的なお花の生け方を教えて頂きましたのでご紹介いたします。

 

まずはお花や葉物、枝物の選び方について。

最初にメインとなるお花を決めます。

その時にそのお花が一番綺麗に見える向きを確認しておきましょう!

メインのお花が決まったら、それに合った枝物や葉物、サブのお花などを決めていきます。

では、実際に生ける時はどのような順番で生けていくのでしょう。

やっぱりメインのお花から、となりがちですが

まず枝物や葉物があれば、それから生けていくのがポイントです!

枝物や葉物で最初に外枠を決めて、バランスを見ながら生けていきます。

生ける内容を決めていくときは[メインのお花→枝物や葉物、サブのお花]の順番でしたが

実際に生けていくときは逆に[枝物や葉物、サブのお花→メインのお花]となるんですね。

 

次に生けていく時のポイントについて

まず花器に合わせてカットしていきますが、全体の高さが花器の1.5倍~2倍になるように調節するとバランスよくなります。

枝物や葉物から生けていきますが、その時に茎が花器の中心を通るように生けていくと

バランスをとりやすくなるのだとか!

また花器の口の縁を隠すように生けると、花と花器に一体感が出るそうですよ。

みなさまいかがでしたでしょうか?

お花の生け方のキホンを教わると、ちょっと挑戦してみようかなと思いませんか?

さっそく私もやってみようと思います!

今回教えて頂いた増田さんには11月よりスタートするAstier de Villatte fairの装花をお願いしていますので、みなさまお花にもぜひご注目くださいませ。

モロッコラグを長くお使いいただくために

【モロッコラグを長くお使いいただくために】

2回に渡って、モロッコラグの世界をご紹介いたしましたが、みなさまいかがでしたか?

私もますますモロッコラグが欲しくなりましたが、一つ気になることがあります。

それはお手入れ方法です!

せっかく買うなら長く綺麗に使いたい!
でも実際にどうすればいいのかわからない、モロッコラグだから特別なお手入れが必要なのでは?

同じように思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はモロッコラグのお手入れ方法についてご紹介いたします。

実際にモロッコラグをご購入くださったお客様も必見です!

まずは日頃のお手入れについて。

掃除機やブラシなどで塵やホコリなどを取り除いてください。
ゆっくりと掃除機をかけるのがコツです!
勢いよくかけたり、回転するパワーブラシやタービンブラシ方式の強力な掃除機をお使いになると、毛足を痛めたり、毛羽立ち等の原因になりますのでご注意ください。

特に新品のベニワレンなどの毛足の長いラグは、最初は遊び毛がでてきます。
定期的に掃除機をかけてあげると落ち着きますよ。

またウールは湿気を溜め込みやすいため、月に1回程度風通しの良い日陰で干していただくのがオススメです。その際布団叩きなどでパンパン叩いて埃を出すと、寝ていた毛足が起き上がり、気持ちのいいラグになります。

汚れてしまったり、汗が気になるという方は拭き掃除を!
薄めたウール用の洗剤に浸した雑巾で汚れや汗を拭き取ってください。
その後、水洗いした雑巾で洗剤を拭き取り、最後には乾拭きで仕上げます。

最後にお洗濯について。
ご自宅でのお洗濯は基本的に可能ですが、不安だという方や体力的にしんどい方はラグの取り扱いのあるクリーニング店にお願いしてください。

ご自宅でのお洗濯ですが、年1〜2回を目安に行ってください。
①まずは、掃除機やブラシで表面の塵やホコリなどを取り除きます。
②ウール用の洗剤を使って、水またはぬるま湯で洗いましょう。お湯は縮みの原因になるのでお気をつけください。強くこするのではなく、押し洗いで優しく洗ってください。
③すすぎはしっかりと行い、よく絞ったら、お日様の下で平干ししてください。
半乾きはカビや匂いの原因にもなりますので、2〜3日くらいしっかり乾かしてあげましょう。

モロッコラグは守って頂きたいことを守っていれば、そこまで取り扱いが難しいものではありません。

使いながら、慣らして育てる楽しみもあります!ぜひ末長くお使いくださいませ。

いま大注目!!!モロッコラグの世界 part2

前回はザナフィとボ・シャルウィットについてご紹介いたしましたが、今回はモロッコラグの中でもこれ見たことある!というお客様が多い「ベニワレン」についてご紹介します!

ベニワレンはモロッコ北部のタザという街の近く住むベルベル人のベニワレン族が織っています。

この地方の羊は毛足が長く、モロッコで最も質の良い羊毛がとれることで有名です。
ベニワレンの特徴でもある菱形は「家を守る」と言った意味が込められているそうですよ。

以前は白糸は白い羊、黒糸は黒い羊の毛を使用していましたが、現在は白い糸を黒く染めて使用していことが多いそうです。
また最近は白と黒以外の色を使ったものも増えてきましたが、色落ちの可能性があるのでお手入れの際はお気をつけて!

 

次にご紹介したいのが「カクタスシルク」という素材で織られたカクタスラグ。
オルネドフォイユ では同じ素材で作られたクッションも人気です!

モロッコでは、「モロカン・シルク」「サブラ」とも呼ばれており、日本ではあまり馴染みのない素材ですが、カクタスシルクの原料となる植物は、モロッコでは昔から普通に生えているのだとか。
そのため、民族衣装やソファ生地、カーテンタッセルなど生活のあらゆるところで使われています。

ウールや麻などとは異なる手触りで、「シルク」と呼ばれていることからわかるように、天然の上品な光沢と発色の良さが特徴!

今まで紹介したもの以外にも、キリムラグやアジラル、ブシャド、タズナフトというように作られている地域の名前を冠したラグもたくさんあります。

個人的にモロッコラグの特徴で面白いと思ったのがこちら!

片側だけフリンジがつく「モノフリンジ」

もともとはベニワレンの伝統的なスタイルで、オルネドフォイユ でお取り扱いしているラグもよく見ると片方にしかフリンジがついていないものが多いです。

モロッコは冬は非常に寒くなります。厳しい寒さの山岳地帯の生活必需品として作られており、丈夫で冬場をしのぐのに十分な暖かさを保ってくれるので、これからの季節にはオススメです!

9月30日まで10%OFFのモロッコラグフェアを開催しておりますので、気になるラグがあればこの機会にぜひお買い求めください!