お花のキホン

花のある暮らし、すごく素敵ですよね。

お部屋に彩りが加わると、空間が華やかになり、なんだか心も豊かになります。

とはいえ、インスタグラムで見るようなオシャレな生け方ってどうすればいいんだろう…と思ったことはありませんか?

 

そこで9月にイベントを開催して頂きました、フラワースタイリストの増田由希子さんに基本的なお花の生け方を教えて頂きましたのでご紹介いたします。

 

まずはお花や葉物、枝物の選び方について。

最初にメインとなるお花を決めます。

その時にそのお花が一番綺麗に見える向きを確認しておきましょう!

メインのお花が決まったら、それに合った枝物や葉物、サブのお花などを決めていきます。

では、実際に生ける時はどのような順番で生けていくのでしょう。

やっぱりメインのお花から、となりがちですが

まず枝物や葉物があれば、それから生けていくのがポイントです!

枝物や葉物で最初に外枠を決めて、バランスを見ながら生けていきます。

生ける内容を決めていくときは[メインのお花→枝物や葉物、サブのお花]の順番でしたが

実際に生けていくときは逆に[枝物や葉物、サブのお花→メインのお花]となるんですね。

 

次に生けていく時のポイントについて

まず花器に合わせてカットしていきますが、全体の高さが花器の1.5倍~2倍になるように調節するとバランスよくなります。

枝物や葉物から生けていきますが、その時に茎が花器の中心を通るように生けていくと

バランスをとりやすくなるのだとか!

また花器の口の縁を隠すように生けると、花と花器に一体感が出るそうですよ。

みなさまいかがでしたでしょうか?

お花の生け方のキホンを教わると、ちょっと挑戦してみようかなと思いませんか?

さっそく私もやってみようと思います!

今回教えて頂いた増田さんには11月よりスタートするAstier de Villatte fairの装花をお願いしていますので、みなさまお花にもぜひご注目くださいませ。