neulo展示販売会

今月20日よりデザイナーの熊谷美沙子さんが2014年にスタートした、ウォールハンギングのブランド「neulo」の展示販売会を開催しております。

フィンランド語で”編む”を意味する neulo 。
世界各地から集めた希少な毛糸や羊毛、ヴィンテージの毛糸に加え、リネンやオーガニックコットンなども使用し、手織り機を使った独自の手法でタペストリーなどを製作されています。

デザイナーの熊谷美沙子さんはほんわかとした雰囲気で笑顔が素敵な方で、オルネでの打ち合わせの際は愛犬の小梅ちゃんを連れてきてくれました。とても人懐っこい小梅ちゃんにオルネスタッフ一同メロメロでした!

熊谷さんの手で一つ一つ丁寧に編まれたマクラメは手仕事ならではのあたたかみを感じる1点ものです。
基本的にはPOP UP SHOPや展示販売会での販売となり、大量生産ができるものではないので、楽しみにお待ち頂いていたお客様も多く、展示販売会前から多くのお問い合わせを頂き、開店前から並んでお待ちくださったお客様もいらっしゃいました。

熊谷さんの人柄が表れているのか、お部屋の雰囲気が柔らかくなるような作品でしたので
その良さが伝わるように、誰かのおうちに遊びにきたような、ほっこりさせてくれるようなディスプレイにしております。

熊谷さんの作品はナチュラルな柔らかい色合いと立体感のある大胆なデザインが特徴で、
太さや素材感の異なる毛糸が巧みに組み合わさっているものでも、デザイン画はなく頭の中のイメージをそのまま形に。

ちなみにタペストリーを吊るす流木は旦那様のサーフィンの師匠で四国に住んでいる方が砂浜で拾って送って下さったものだそうですよ。

在庫は残りわずかとなっておりますが、作品自体は28日まで店頭にてご覧いただけますのでこの機会にぜひご来店くださいませ。