チーコさんのお花講座〜ストーンウェアベース〜

デンマークからストーンウェアのベースが届きました!

今回はなんと!東京・幡ヶ谷にある小さなお花屋さん「Forager」のチーコさんにお花を生けて頂きました!

とっても可愛い…!!!

Foragerさんが扱っているのは「普通なら脇役になる花」がほとんどで、気軽に部屋に飾れるような、おだやかな印象の花が並んでいます。

今回は見慣れないお花や動きの面白い葉を持ってきてくださったので、スタッフみんなでずっと可愛い!って言いながら、わいわいと楽しくチーコさんにお花を生ける時のポイントを教えて頂きましたので、皆さまにご紹介いたします!

このストーンウェアベースにはどんな風にお花を生けたら良いですか?

このベースは重心がずれているのが面白いですよね。
口が細めなので、シンプルに1種類生けがオススメ!
お水が汚れにくいので、長持ちしやすいですよ。

ベースを何種類か並べても可愛いと思います。
高さがあるタイプは細いお花やグリーンが、低めでぽってりとしたタイプは横に垂れるような、ボリューム感のあるお花が合わせやすいですよ。

高さがあって細いお花は高低差をつけながら、バランスを整えて、リズム感を出すように生けると面白いです!

ちなみにチーコさんのオススメは黄色のベースだそうですよ!
今回は動きの面白い(ちなみにネギの仲間!)グリーンを生けて頂きましたが、お花屋さんでよく扱ってるサイズで生けられるので、買ってそのままぱっと生けることができて使いやすいとのこと。

花とベースの高さのバランスって難しいですよね、結構失敗しがちです…

ボリューム感がある花は、花とベースの高さが1:1になるように切ったらバランスよくなりますよ。
高さがあって、細めの花はベースの1.5倍くらいの高さで切ると良いと思います。

花の高さに関しては、以前フラワースタイリストの増田由希子さんにも教えて頂きましたね。
「お花のキホン」という記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください!

 

 

つづきまして、ストーンウェアジャグ!

先ほどのベースと比べると、合わせる花もガラリと変わりそうですがどんな風にお花を生けたら良いですか?

このストーンウェアジャグを見たとき、ぱっと映画「かもめ食堂」が思い浮かびました!
食卓に飾るにはちょうどいいサイズで、使いやすそうですね。

また切り戻しをして茎が短くなってしまった時に、こういう小さなジャグに生けなおすとまた違った雰囲気を楽しむことができます。

(切り戻しとは•••水換えの際や黒くなった時に、黒くなった部分プラス5ミリ~1センチほどカットしましょう。切り口が新しくなり、水の吸い上げがよくなります。茎がヌルヌルしている場合は流水で洗い流しましょう。茎の色が黄みがかり柔らかくなって腐ってしまっていたら、その部分は全部カットしましょう。)

先ほどのベースと比べると、広口なので、
コンパクトになりすぎないように、葉でボリューム感を出すのがオススメです。

またどちらかの面にまとめるとしたら、前側にまとめるべし!とのことです。今回生けて頂いたものを上から見てみるとこんな感じ。

グリーンとの合わせ方のポイントってありますか?
質感や色味を合わせるとまとまりやすいですね。


例えば、この花びらのグリーンと葉の色は近いので相性が良いです。
でもくすみグリーンのような色味の葉を使うことで、全体の雰囲気を少し大人っぽく仕上げています。

逆に、元々の花の葉っぱと全然違う葉ものを合わせるのも、自然界ではあり得ない世界観を表現できるので面白いですよ!

 

こうしてお花を生けるポイントを伺うと実際に生けてみたくなりますよね。皆さまもぜひ試してみてください!

はじめてのAstier de Villatte

こんにちは。
ショップスタッフのイケダです。

Astier de Villatte(以下アスティエ)といえばオルネドフォイユの定番商品でもあり、ファンのお客様も多いブランドです。

ショップスタッフとしてオルネに入るまで、アスティエのことは知らなかったのですが、二人のデザイナーのこと、作品が出来上がるまでのことを知り、アスティエに実際に触れて、アスティエならではの魅力に惹かれ、私もほしいなあと思うようになりました。

とはいえ、決して安いお買い物ではないので、オルネに入って約1年間悩みに悩んで、買う買う詐欺状態になっておりました…。
アスティエ買ってみたいけど…と、同じように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、約1年間悩んだ私がオススメする、はじめてアスティエを買うならこれ!という商品をご紹介いたします。

はじめてのアスティエを選ぶにあたって、個人的には2つのポイントがありました。
1つ目はせっかく頑張って買うのだから、普段使いしやすいもの。
2つ目は高すぎないこと。いきなり高いものを買うのは怖いので、1万5千円くらいまでの価格帯で探していました。

まず、はじめてのアスティエにオススメしたいのは、直径15cm以内のスモールディッシュやソーサーです。
和食器でいうと豆皿サイズのものですね。

価格帯は1万以下のものが多く、アスティエ の中では買いやすくて、お菓子をちょこっとのせたら、なんだか優雅なお菓子タイムになりそう!
また、アスティエ のお皿は見るだけでも可愛いので、食器棚にしまってしまうのはもったいないと思ってしまい、アクセサリートレイとして、普段から見えるところに置いておくのも良いなあと思いました。

次にオススメしたいのはスーププレートです。
スープを入れるのはもちろんのこと、サラダや煮込み料理など、汎用性の高い形ですのでたくさん使えます!

価格帯は1万2千円前後のものが多いです。
先ほどのスモールディッシュやソーサーと比べると高くなってしまいますが、汎用性の高さを考えると頑張れると思いました。

使いやすさでいうと、プレートはやはり人気ですね。
トースト1枚をポンっと置いて、コーヒーを添えるだけで素敵な朝食のできあがりです。
おかずを少しずつ盛って、ワンプレートごはんにするのも良いですよね。
価格帯や使いやすさのバランスを考えると、個人的には20cm前後のサイズのプレートがオススメです!

みなさま、いかがでしたか?
もしアスティエ ほしいなと悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考になさってくださいね。

 

▼オーナー谷が語る、Astier de Villatteの魅力
http://www.ornedefeuilles.com/blog/archives/39541

 

真鍮、お好きですか?

こんにちは。

突然ですが、身の回りにはたくさんの金属製品がありますよね。
ステンレスやアルミ、鉄や銅。
その中で私が好きなのが”真鍮”です!
真鍮の特徴といえば、明るく輝く金色が使っていくうちに段々と重厚感のある色に変化していくこと。
使い込んでいく楽しみがあり、色が変化していく様がなんだか人間のようで愛着がわきます。

オルネドフォイユでも真鍮の商品があるのでご紹介いたします。
まずは岡山県瀬戸内市在住の真鍮作家、菊地流架さんによるブランド「Lue」のカトラリー。
大好きなブランドで、岡山にあるショップ兼工場のLue(Undecided)にいつか行ってみたいと画策中です!

ひとつひとつ手仕事で形作られたハンドクラフトのカトラリーは、繊細さや素朴さ、温もりを感じさせ、
特にトントントン…と丁寧に打たれた槌目模様は素敵ですよね。

先程ご紹介しました手仕事ならではの槌目やかたちが魅力的な「ハンドクラフト」シリーズとはがらっと雰囲気が変わる「インダストリアル」シリーズは、「Lue」で型をつくり、機械で製造を行っています。

使いやすさやデザイン性を追求してつくられ、お手頃なのがうれしいシリーズです。
コンパクトにスタッキングできるのは機械で作っているからこその良さでもあります。

その他の真鍮の商品は例えばこちらのアクセサリースタンド。

先程のカトラリーと比べると少しくすんだ印象ですが、それが私のオススメポイントです!
どこか使い込んだ感のある色味で、馴染みやすいので、お気に入りのアクセサリーを引き立たせてくれますよ。

ショップでも什器として使用していますが、アクセサリーが綺麗に見えるのでとても重宝しています。

最後に真鍮の色の変化について。
真鍮は使っていくうちに表面に酸化膜が張って、色が変化していきます。
この酸化膜には金属を保護する役割があり、独特の金属のにおいも軽減されます。

 

真鍮ならではの「味わい」ですので、個人的にはその変化も楽しんで頂きたいのですが、
皆さまの好みにもよりますので、きらっと輝いている方が好きという方もいらっしゃるかと思います。そういう方は金属用の研磨剤で磨いてみてください!
研磨剤をつけて拭いてあげると、ある程度元の光沢が戻りますので是非お試しください。(左上の写真の左のものが磨いた後、右のものが磨く前です)

うつわと向き合うこと

陶芸家の大和田友香さん。

2018年より本格的な作家活動をスタートされた若い作家さんですが、器やものづくりへの向き合い方がとても素敵でしたので、大和田さんに伺ったお話を是非ご紹介させてください!

制作される上で心がけている事はありますか?

粘土の可塑性、焼成によって起こる変化や現象など、陶芸の面白みを見つけるために釉薬や素地の粘土の組み合わせ、焼成方法も実験的に様々な方法を試してみています。

見つけた面白みを生かすために、過剰な装飾はせず、シンプルなかたちを意識し、そのような中でもどこか独自性や新しさがあり、人々をはっとさせる作品を目指し制作しております。

表面的な華やかさだけでなく潜在的にどこか惹かれてしまう。そんな作品をお届けできればと考えております。

Kinari plateはすごく優しい印象を受けました。制作の上でのこだわりを教えてください。

Kinari plateは少し黄みがかった白色でやさしい印象の中、縁を黒で凛と引き締めました。器の形状的にも毎日の食卓に並べて頂ける姿を望んでいまして、使う際に緊張感のあるものより温かみを大事にしたいと思いました。

砂交じりの素地と貫入の表情でアンティークのような風合いもあります。
また、淵に段差をつけることにより釉たまりが綺麗に出ます。

砂交じりの素地ですか?

本来ならば磁器土など不純物のない精製された土を使うことも可能ですが、不純物のない綺麗な土で同じ形を作ると、どうしても洗練されすぎたシュッっとした硬い冷たいイメージの作品が出来上がってしまいます。

荒削りな精製されていない砂混じりの土を使うことで、精製しつくされていない、いわば完璧すぎない土の表情を見ていただければと思います。

横にある線のようなものは、ろくろでの削りの際に砂が自然に引っかき傷をつけてくれて、それが表情の一部になっています。

個人的に雪輪シリーズがすごく好きです!どのように制作されているのですか?

丸いお皿の形から一つ一つ雪輪の形をカッターで切り取り製作しております。
可愛らしい形ですが縁を黒で引き締めることで凛とした印象になるようにいたしました。

雪輪は雪の結晶を抽象化させた日本の伝統文様ですがどこか洋風なイメージもあり、和食洋食どちらにもお使いいただけるかと思います。
和菓子やケーキを載せてもかわいいですが、アクセサリーを見せて収納するのに使っていただく方もいるようです。

一輪挿しは表面にうすく模様がはいっていますよね?

飛びかんなという技法で表面にテクスチャーをつけており、溝が深い部分には釉薬がたまり真っ白に、溝がない凸となった部分は釉薬が薄く土の表情が見え生成色になっています。

表面の凸凹を生かすための釉薬を見つけるために何度も釉薬のテストを行いました。まるで貝殻やレースのようにも見えてくるとお客様の中にはおっしゃってくださる方もいます。

急須もフォルムが素敵ですね

急須は後手の急須なので煎茶のみならず紅茶などにお使い頂くことも想定して、洋風なインテリアにも馴染むように、コロンとしたフォルムにして可愛らしいデザインにしました。可愛らしさの中に凛とした雰囲気も纏えるように作りは繊細にしております。

黒の急須は「炭化焼成」にて制作されているとお伺いしましたが、具体的にどのような技法なのでしょうか。

「サヤ」と言われる陶器製の容器の中にお米の籾殻と作品を一緒に入れて焼成しています。容器の中でお米の籾殻を不完全燃焼させることで粘土や釉薬に炭素を吸着させて黒く変色させています。表面の色の黒さやグラデーションは籾殻の量によって変わってきます。

人の手だけではコントロールしきれない、自然にできる色調変化が美しく、わたしは炭化焼成という技法がお気に入りです。

作家さんがどのような点にこだわって作品を作られてるのか、こうして知ることができると大切に使いたくなりますよね。

大和田さんの作品はシンプルで自然体、私たちにそっと寄り添い、凛とした美しさを内包しています。これからどのような作品を制作されるのか、非常に気になる作家さんです。

モロッコラグを長くお使いいただくために

【モロッコラグを長くお使いいただくために】

2回に渡って、モロッコラグの世界をご紹介いたしましたが、みなさまいかがでしたか?

私もますますモロッコラグが欲しくなりましたが、一つ気になることがあります。

それはお手入れ方法です!

せっかく買うなら長く綺麗に使いたい!
でも実際にどうすればいいのかわからない、モロッコラグだから特別なお手入れが必要なのでは?

同じように思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はモロッコラグのお手入れ方法についてご紹介いたします。

実際にモロッコラグをご購入くださったお客様も必見です!

まずは日頃のお手入れについて。

掃除機やブラシなどで塵やホコリなどを取り除いてください。
ゆっくりと掃除機をかけるのがコツです!
勢いよくかけたり、回転するパワーブラシやタービンブラシ方式の強力な掃除機をお使いになると、毛足を痛めたり、毛羽立ち等の原因になりますのでご注意ください。

特に新品のベニワレンなどの毛足の長いラグは、最初は遊び毛がでてきます。
定期的に掃除機をかけてあげると落ち着きますよ。

またウールは湿気を溜め込みやすいため、月に1回程度風通しの良い日陰で干していただくのがオススメです。その際布団叩きなどでパンパン叩いて埃を出すと、寝ていた毛足が起き上がり、気持ちのいいラグになります。

汚れてしまったり、汗が気になるという方は拭き掃除を!
薄めたウール用の洗剤に浸した雑巾で汚れや汗を拭き取ってください。
その後、水洗いした雑巾で洗剤を拭き取り、最後には乾拭きで仕上げます。

最後にお洗濯について。
ご自宅でのお洗濯は基本的に可能ですが、不安だという方や体力的にしんどい方はラグの取り扱いのあるクリーニング店にお願いしてください。

ご自宅でのお洗濯ですが、年1〜2回を目安に行ってください。
①まずは、掃除機やブラシで表面の塵やホコリなどを取り除きます。
②ウール用の洗剤を使って、水またはぬるま湯で洗いましょう。お湯は縮みの原因になるのでお気をつけください。強くこするのではなく、押し洗いで優しく洗ってください。
③すすぎはしっかりと行い、よく絞ったら、お日様の下で平干ししてください。
半乾きはカビや匂いの原因にもなりますので、2〜3日くらいしっかり乾かしてあげましょう。

モロッコラグは守って頂きたいことを守っていれば、そこまで取り扱いが難しいものではありません。

使いながら、慣らして育てる楽しみもあります!ぜひ末長くお使いくださいませ。