自由な発想で使えるハンギングシェルフ

先日販売を開始しましたフック付きハンギングシェルフですが、
もともとはキッチンに取り付けたらいいのではと仕入れたものでした。

でも実際に撮影してみると、様々なシーンで使えそう!ということで、
今回はオルネの撮影の裏側を見ながら、どのようなシーンで使えるかご紹介させて頂きます!

オルネでは主に月〜木曜日の間に、店舗スペースを活用して撮影をしています。
フック付きハンギングシェルフの撮影では2階で行いましたが、ご覧の通り何もないところに取り付けからスタートします。

ビスで2ヶ所とめるだけなので、とても簡単で、重さも軽いので女性でも取り付けやすいです。

まずはキッチンから!

撮影のスタイリングではこういう人が使うとしたら、きっとこうなるだろうなと想像しながらスタイリングしていきます。今回は几帳面な女性が使っているイメージで、中に入れるものの色を統一しながら、かたい印象になりがちなワイヤーのシェルフを柔らかく見せるためにクロスや木製のものを入れています。

見える収納なので、入れ物がおしゃれな紅茶やコーヒー豆などあれば入れてみてもかも良いしれませんね。
あまり重すぎるものを入れるのはオススメできませんが、調味料を並べておくのも◎

今回は横にハンギングベースをかけていますが、S字フックなどを横につけてシェルフのサイドに物をかけることもできます。
もちろん重たい物は変形してしまう可能性がございますのでご注意ください!

次はリビング!

ワイヤーのシェルフは抜け感があり、すっきりとした印象です。
そこで物にこだわりがある人が使っているのをイメージしながら、シンプルに見せて、中の物にすっと目がいくように入れています。また下のフックにはストールなど普段使いするものをかけました。

リビングは家族が集まるところですので、好きなものや家族の思い出など入れてみても良いですね。写真やお気に入りの置物、色を加えるならドライフラワーがオススメですよ。

最後に子供部屋!

これはシンプルに童心に返ってスタイリングしました!子供部屋ということで原色が多めです。

お子様のためのぬいぐるみやカバン、おもちゃは見た目が可愛いものが多いですよね。
せっかくなら棚やボックスにしまい込むのでなくて、このような見える収納でおしゃれに見せてみても良いしれませんね。

ママさんスタッフによると、手の届く所にフックがあると一緒にお片づけしやすいとのことでしたので、少し低めに取り付けてお子様と一緒に使うのも◎

シンプルだからこそ、様々なシーンで使えるフック付きハンギングシェルフ。皆様ぜひ自分なりのスタイリングで自由に使ってみてください!

モロッコラグを長くお使いいただくために

【モロッコラグを長くお使いいただくために】

2回に渡って、モロッコラグの世界をご紹介いたしましたが、みなさまいかがでしたか?

私もますますモロッコラグが欲しくなりましたが、一つ気になることがあります。

それはお手入れ方法です!

せっかく買うなら長く綺麗に使いたい!
でも実際にどうすればいいのかわからない、モロッコラグだから特別なお手入れが必要なのでは?

同じように思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はモロッコラグのお手入れ方法についてご紹介いたします。

実際にモロッコラグをご購入くださったお客様も必見です!

まずは日頃のお手入れについて。

掃除機やブラシなどで塵やホコリなどを取り除いてください。
ゆっくりと掃除機をかけるのがコツです!
勢いよくかけたり、回転するパワーブラシやタービンブラシ方式の強力な掃除機をお使いになると、毛足を痛めたり、毛羽立ち等の原因になりますのでご注意ください。

特に新品のベニワレンなどの毛足の長いラグは、最初は遊び毛がでてきます。
定期的に掃除機をかけてあげると落ち着きますよ。

またウールは湿気を溜め込みやすいため、月に1回程度風通しの良い日陰で干していただくのがオススメです。その際布団叩きなどでパンパン叩いて埃を出すと、寝ていた毛足が起き上がり、気持ちのいいラグになります。

汚れてしまったり、汗が気になるという方は拭き掃除を!
薄めたウール用の洗剤に浸した雑巾で汚れや汗を拭き取ってください。
その後、水洗いした雑巾で洗剤を拭き取り、最後には乾拭きで仕上げます。

最後にお洗濯について。
ご自宅でのお洗濯は基本的に可能ですが、不安だという方や体力的にしんどい方はラグの取り扱いのあるクリーニング店にお願いしてください。

ご自宅でのお洗濯ですが、年1〜2回を目安に行ってください。
①まずは、掃除機やブラシで表面の塵やホコリなどを取り除きます。
②ウール用の洗剤を使って、水またはぬるま湯で洗いましょう。お湯は縮みの原因になるのでお気をつけください。強くこするのではなく、押し洗いで優しく洗ってください。
③すすぎはしっかりと行い、よく絞ったら、お日様の下で平干ししてください。
半乾きはカビや匂いの原因にもなりますので、2〜3日くらいしっかり乾かしてあげましょう。

モロッコラグは守って頂きたいことを守っていれば、そこまで取り扱いが難しいものではありません。

使いながら、慣らして育てる楽しみもあります!ぜひ末長くお使いくださいませ。

いま大注目!!!モロッコラグの世界 part2

前回はザナフィとボ・シャルウィットについてご紹介いたしましたが、今回はモロッコラグの中でもこれ見たことある!というお客様が多い「ベニワレン」についてご紹介します!

ベニワレンはモロッコ北部のタザという街の近く住むベルベル人のベニワレン族が織っています。

この地方の羊は毛足が長く、モロッコで最も質の良い羊毛がとれることで有名です。
ベニワレンの特徴でもある菱形は「家を守る」と言った意味が込められているそうですよ。

以前は白糸は白い羊、黒糸は黒い羊の毛を使用していましたが、現在は白い糸を黒く染めて使用していことが多いそうです。
また最近は白と黒以外の色を使ったものも増えてきましたが、色落ちの可能性があるのでお手入れの際はお気をつけて!

 

次にご紹介したいのが「カクタスシルク」という素材で織られたカクタスラグ。
オルネドフォイユ では同じ素材で作られたクッションも人気です!

モロッコでは、「モロカン・シルク」「サブラ」とも呼ばれており、日本ではあまり馴染みのない素材ですが、カクタスシルクの原料となる植物は、モロッコでは昔から普通に生えているのだとか。
そのため、民族衣装やソファ生地、カーテンタッセルなど生活のあらゆるところで使われています。

ウールや麻などとは異なる手触りで、「シルク」と呼ばれていることからわかるように、天然の上品な光沢と発色の良さが特徴!

今まで紹介したもの以外にも、キリムラグやアジラル、ブシャド、タズナフトというように作られている地域の名前を冠したラグもたくさんあります。

個人的にモロッコラグの特徴で面白いと思ったのがこちら!

片側だけフリンジがつく「モノフリンジ」

もともとはベニワレンの伝統的なスタイルで、オルネドフォイユ でお取り扱いしているラグもよく見ると片方にしかフリンジがついていないものが多いです。

モロッコは冬は非常に寒くなります。厳しい寒さの山岳地帯の生活必需品として作られており、丈夫で冬場をしのぐのに十分な暖かさを保ってくれるので、これからの季節にはオススメです!

9月30日まで10%OFFのモロッコラグフェアを開催しておりますので、気になるラグがあればこの機会にぜひお買い求めください!

いま大注目!!!モロッコラグの世界

ここ数年注目されているモロッカンインテリア。
オルネドフォイユでもモロッコラグをはじめとして、モロッコアイテムをいくつか取り扱っております。

モロッコラグといっても、実は様々な種類があります。

先日WEBショップに入荷したザナフィをはじめとして、ボ・シャルウィット、ベニワレンなどなど。

今回は先日入荷したばかりのザナフィとボ・シャルウィットについてご紹介します!

まずは先日入荷したザナフィ。
モロッコ国内でもタズナフトやブジャドなど各地で作られています。
素材はウールですが、毛足が短く年間通して使いやすいラグです。

しっかりと織り込んであるので、毛足が短くても丈夫で厚みがあります。

また産地によって違いますが、今回入荷したラグようにモノトーンや生成と青、生成とグリーンといったようにナチュラルカラーをベースにしたものが多く、お部屋に合わせやすのも特徴です。

次にご紹介したいのがボ・シャルウィット。

モロッコ各地のベルベル人女性達によって織られています。
「シャルウィット」はベルベル語で端切れという意味で、服の端切などのリサイクルクロスが織り込まれています。

こちらは歴史が浅く、ベルベル民族が遊牧生活から定住生活へと生活スタイルが変化していく中で、羊を飼う必要がなくなり、ウールの代わりに自分たちの古着を裂いて織りはじめたそうです。
元々は自分たちの生活のため、嫁入り道具として織られていたものですが、アート性も高く世界的にも評価が高まっています。

ボ・シャルウィットは裂かれた布が毛足としてふさふさしており、足触りが良いのが特徴です。

柄やサイズは1点1点異なり、製作者のセンスがよりはっきりと表れるラグかもしれません。

ボ・シャルウィットはWEBショップでは完売しておりますが、実店舗には在庫がございます。気になる方はお問い合わせくださいませ!

モロッコラグといっても種類によって雰囲気がそれぞれ違いますよね。

モロッコラグは1点ものが多いので、まさに出会いです!

皆様にとってお気に入りのラグが見つかりますように。

【終了しました】松尾ミユキさんイラストのミニエコバックをプレゼント中!

WEBショップでは、大人気のイラストレーター「松尾ミユキさん」描き下ろしのオリジナルノベルティカレンダーをお配りしていますが、この度 姉妹店の orné le marché (オルネ ル マルシェ)のオープン5周年 &オルネ ド フォイユ15周年を記念した、松尾さんイラストのミニトートバッグを作りました!

WEBショップにて本日(3/29)夕方以降にご注文いただいた方、先着300名様にこちらのミニバッグをプレゼントいたします!!
エコバッグのプレゼントは終了いたしました。

オリジナルカレンダー同様、猫ちゃんがバスケットからちょこんと顔を出すかわいいイラストです。お財布と携帯だけ持ってちょっと近くへ出かける時などにちょうどいいサイズのシンプルなミニバッグ。お弁当なども入りそうなサイズです。(トートバッグサイズ:33cm×26cm)

こちらのノベルティは限定数300と、数に限りがございますので配布数終了の場合にはご了承くださいませ。(不動前の店舗では実施しておりません)

【ノベルティミニトートバッグ プレゼント内容】
対象:3/29 (金)夕方以降にWEBショップにてご注文いただいた方全員
先着300名様(無くなり次第終了となります)→終了いたしました

※ノベルティカレンダーも合わせてプレゼントいたします。
※ご用意の枚数がなくなり次第終了となりますので、ご了承ください。
※不動前の店舗では配布しておりません。