オルネ ド フォイユ:フランス雑貨やアンティーク家具のインテリアショップ

三田真由さん
TOSAKANMURI FOODS主宰

トサカンムリさんといえば、カレーパン! と答える人も少なくないでしょう。ふわふわで、中身が濃くって、ちょっぴりスパイシーで……。主宰の三田さんによるコラムも、おんなじ味。今回は、「TOSAKANMURI FOODS」の生まれるきっかけ(?)のお話です。焼きたてさくさくのコラムを、どうぞ召し上がれ。

「対 気分?」

相手の立場になって考える。
たとえ相手になりきれなくても、少しは相手のことを理解できる気がした。

4歳の頃から鍵っ子だった私は、幼稚園から帰ると、
花や植木、ぬいぐるみはもちろんのこと、家の中のあらゆるものに、
「ただいま!」と声をかけて会話をした。
それらは、静かに私の帰りを温かく迎えてくれていた・・・はず。
そんな幼少期を過ごしたものだから、物と者に対する感覚の境目が薄れてしまったのかもしれない。
物も者もモノ、だと。

自分がまさか今のような食にまつわる仕事につくなんて、思いもしなかった頃のこと。

物も者もモノ、という考えを基本に作品制作をした美術大学の卒業制作のテーマとして、
人間にはほとんど感じることのない食べられるという感覚を、相手の立場になって考えてみようと思った。

大学に入ってから呼ばれるようになった「さんまゆ」という呼び名には、とても愛着があった。
そこから、自他共によく連想されたのは「さんま」である。
じゃあ「さんま」になろう。
そうだ、せっかくだから、お店の人が作る「さんま定食」になってみよう!
というのが、立場となる相手を決める思考の、大まかな回路であるのだが、
ここはひとつ、さらりと読み過ごしていただきたいところ。

それから数ヶ月の間、「さんま定食」の立場になってみるために、
私の頭の中は、「さんま定食」のことでいっぱいだった。
後にも先にも、あんなに「さんま定食」について考えたことはないと思う。
『対 気分 〜さんま定食の場合〜』と題した卒業制作は、
木や布やプラスチック、ゴムなど、あらゆる素材を用いて、
全長3メートル近くある、人が中に入れる仕組みの巨大なさんまの塩焼きを中心に、
定食になるためのご飯やお味噌汁、たくあん、大根おろしなども拵えた。
いかにリアルに料理するかということに昼夜没頭し、自分の身長の倍ほどもあるさんまに悪戦苦闘した。
傍から見れば、なんとも滑稽な姿であっただろう。

けれども、出来上がった巨大な「さんま定食」は、私の意志とは裏腹に明後日の方を向いていた。
けれども、その明後日の方向で、私の中の何かがゆっくりと動き出していたのだ。

作ることで表現し続けたいと思う気持ちと、作り出した物に対する責任を、
どのように果たせばいいのだろうか?
フラフラと長くも短くも数年考えた末に出た結論は、
『食を通して物づくりを表現すること』だった。

「さんま定食」と向き合った、あの香ばしくも脂ののった日々が、
今のTOSAKANMURI FOODSを形成しているということか・・・?

あぁ、「さんま定食」様。
食べてしまいたいほど、あなたが愛しい。

 

PROFILE
三田 真由 MAYU SANDA
TOSAKANMURI FOODS主宰/フードクリエーター/ブーランジェ(パン職人)
1974年、京都府出身。武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 ファッションデザインコース卒業、同大学院修了。舞台美術の小道具制作工房を経て、「食を通して物づくりを表現すること」を目標に、都内のパン屋にて5年間修行。2006年、TOSAKANMURI FOODSを始動。2007年、活動の場を広げるためアトリエを移転し、現在に至る。
ホームページ http://www.tosakanmuri.com/

 

【フード販売のお知らせ】
毎月恒例のTOSAKANMURI FOODSによる「酒 et ○○」。
5月は「酒 et スパイス」で、トサカンムリカレーパンが出店します!
5月23日(金)、24(土)の2日間です。 →詳細はこちら


 

コラム HOME

TOP
SHOP INFO
COLUMN
BLOG