左)花留め/環、右)花留め/掌

左)花留め/環、右)花留め/掌 

skr0003_花留め/掌

skr0003_花留め/掌 

skr0002_花留め/環

skr0002_花留め/環 

skr0003_花留め/掌

skr0003_花留め/掌 

skr0002_花留め/環

skr0002_花留め/環 

skr0003_花留め/掌

skr0003_花留め/掌 

左)花留め/環、右)花留め/掌

左)花留め/環、右)花留め/掌 

櫻井彩 花留め

¥5,500

+


        

瑞々しさあふれる、櫻井彩さんの花留め

山口県にアトリエを構えるガラス作家・櫻井彩(さくらい あや)さんの作品をご紹介します。

一口にガラス作品といっても、作家さんごとに雰囲気が変わりますよね。
櫻井さんの作品には、朝の柔らかい光を思わせる優しさ、すっと呼吸を整えたときのような清々しさがあります。

こちらは大小のガラスの管が連なった作品。
ドライフラワーだけでなく、下に受け皿を置けば、水を張ってお花やグリーンを生けることができます。

花留めそのものだけでなく、花も、水も、光も、まとめて一つの作品として、ぜひお楽しみください。

花留め/環

こちらは花留め/環です。

輪を描くようにガラス管が連なっており、中央は空洞です。

一つずつ手作りのため、サイズ・風合いが異なる場合があります。ご了承下さい。

背が低めなので、短くなったお花を生けるのにもオススメです。
可憐な野花や動きのあるグリーンなど、どんな植物を生けようか思いを巡らせてみてください。

花留め/掌

こちらは花留め/掌です。

ガラス管が掌サイズの小さな山のように連なっています。

一つずつ手作りのため、サイズ・風合いが異なる場合があります。ご了承下さい。

大小様々なガラスの管は、まっすぐだったり、少し曲がっていたり。上から見ても、その佇まいはとても美しいです。

もちろん何も生けなくとも、オブジェとして存在感がありますよ。

櫻井 彩 | さくらい あや

1982年、山口県周南市生まれ。 京都造形芸術大学空間デザイン科卒業。
在学中にガラスの魅力に出会い、卒業後、富山ガラス研究所でガラスを専門的に学ぶ。
その後、長野県安曇野にあるガラス工房に就職し、体験業務をしながら作家活動を開始。
2014年、地元山口に戻り、個人工房を持つ。

skr0002 - 花留め/環 size:直径約11cm、高さ約5〜6cm
重さ:約350g
skr0003 - 花留め/掌 size:幅約4.5cm、奥行約4.5cm、高さ約5〜5.5cm
重さ:約60〜80g

素材:ガラス

※ハンドメイド作品のため、サイズや形状などには個体差がございます。