家具から器まで、木材を素材に、生活の道具を制作する工房イサド。
イサドとは宮澤賢治の作品「やまなし」に出てくる言葉で「何か面白いものがあるところ、見たこともないものを作る場所でありたい」という思いに由来しています。