真鍮、お好きですか?

こんにちは。

突然ですが、身の回りにはたくさんの金属製品がありますよね。
ステンレスやアルミ、鉄や銅。
その中で私が好きなのが”真鍮”です!
真鍮の特徴といえば、明るく輝く金色が使っていくうちに段々と重厚感のある色に変化していくこと。
使い込んでいく楽しみがあり、色が変化していく様がなんだか人間のようで愛着がわきます。

オルネドフォイユでも真鍮の商品があるのでご紹介いたします。
まずは岡山県瀬戸内市在住の真鍮作家、菊地流架さんによるブランド「Lue」のカトラリー。
大好きなブランドで、岡山にあるショップ兼工場のLue(Undecided)にいつか行ってみたいと画策中です!

ひとつひとつ手仕事で形作られたハンドクラフトのカトラリーは、繊細さや素朴さ、温もりを感じさせ、
特にトントントン…と丁寧に打たれた槌目模様は素敵ですよね。

先程ご紹介しました手仕事ならではの槌目やかたちが魅力的な「ハンドクラフト」シリーズとはがらっと雰囲気が変わる「インダストリアル」シリーズは、「Lue」で型をつくり、機械で製造を行っています。

使いやすさやデザイン性を追求してつくられ、お手頃なのがうれしいシリーズです。
コンパクトにスタッキングできるのは機械で作っているからこその良さでもあります。

その他の真鍮の商品は例えばこちらのアクセサリースタンド。

先程のカトラリーと比べると少しくすんだ印象ですが、それが私のオススメポイントです!
どこか使い込んだ感のある色味で、馴染みやすいので、お気に入りのアクセサリーを引き立たせてくれますよ。

ショップでも什器として使用していますが、アクセサリーが綺麗に見えるのでとても重宝しています。

最後に真鍮の色の変化について。
真鍮は使っていくうちに表面に酸化膜が張って、色が変化していきます。
この酸化膜には金属を保護する役割があり、独特の金属のにおいも軽減されます。

 

真鍮ならではの「味わい」ですので、個人的にはその変化も楽しんで頂きたいのですが、
皆さまの好みにもよりますので、きらっと輝いている方が好きという方もいらっしゃるかと思います。そういう方は金属用の研磨剤で磨いてみてください!
研磨剤をつけて拭いてあげると、ある程度元の光沢が戻りますので是非お試しください。(左上の写真の左のものが磨いた後、右のものが磨く前です)

恋するモロッコ展vol.2~RIAD FUDOMAE~

先週、恋するモロッコ展第2弾を開催しました!

前回の恋するモロッコ展ではモロッコのスークのようなカラフルで賑やかなモロッコとは違う一面を皆さまに見せられたらと思い、2階はモノトーンで大人っぽいリヤドをイメージしてスタイリングしました。

ベニワレンのクッションやモロッコのメタルトレイのテーブルがモロッコらしさを感じさせてくれますよね。

ちなみにモロッコのリヤドではよく朝食で生搾りのオレンジジュースが出てくるそうですよ!

今回のイベントでは前回に引き続きグラスシェードランプやアニマルヘッドといった人気のモロッコアイテムを揃えました。

こちらはエスパルトと呼ばれるイネ科の植物で編まれたもので、段々と黄色っぽく変化していくのも面白いですよ。

それ以外にもモロッコラグやクッションなどの1点ものを多くご用意いたしました。

イベント終了後も引き続きWEBショップや不動前店でもお取り扱い予定ですので、気になる方はぜひ!

 

SOUVENIR de PARISの山端朱美さんには、フランスアンティークやモロッコならでは商品に加え、19世紀後期から20世紀初頭にフランスから北アフリカに渡った“made in France”のヴィンテージ&アンティークのボウルやお皿も前回に引き続きご用意頂きました。

今回はナチュラルな温かみも感じさせる大人なモロッコで、前回とはまた違うモロッコの魅力を朱美さんの世界観で表現して頂きました!

モロッコへの輸出用にフランスで作られたボウルはモロッコ文化の影響を受けて、国旗にも使われている星や月、モスクなどが描かれているのだとか。朱美さんからその歴史を聞くと、より愛着が湧きますよね。

フランスとモロッコの商品が一緒に並ぶと、お互いに影響を受けているのがよくわかりますね!

2回目の恋するモロッコ展ですが、今回も多くのお客様にご来店いただき、私たちスタッフも非常に嬉しいです!2階のリヤドコーナーは今週もございますので、皆様ぜひご来店くださいませ。

ラグフェア〜石井佳苗さんがつくるパリジェンヌのお部屋 第2弾〜

先週末は2日間限定で、インテリアスタイリストの石井佳苗さんに
不動前店の2階をパリジェンヌのお部屋をイメージしてスタイリングして頂きました!

オルネドフォイユでも人気のアイテムであるベニワレンなどのモロッコラグを使用したスタイリングで、昨年の5月頃にスタイリングして頂きましたパリジェンヌのお部屋〜 第1弾〜と比べると、ベニワレンのラグに合わせてモノトーンな雰囲気で、大人っぽいお部屋になりました。

その中でも所々で石井さんの遊び心が溢れており、真似してみたくなるような素敵なスタイリングでしたね。

イベント中は石井さんご自身が接客してくださって、実際にお客様とラグを敷いてみて、ご自宅のどこに敷くか、どういうものと合わせるのか、お手入れのことなどお話しながらアドバイスをされていました。

この2日間で多くのラグやクッションがお客様の元に旅立ちましたが、恋するモロッコ展でもモロッコラグやクッションをお取り扱いする予定ですので、皆様ぜひご来店くださいませ!

neulo展示販売会

今月20日よりデザイナーの熊谷美沙子さんが2014年にスタートした、ウォールハンギングのブランド「neulo」の展示販売会を開催しております。

フィンランド語で”編む”を意味する neulo 。
世界各地から集めた希少な毛糸や羊毛、ヴィンテージの毛糸に加え、リネンやオーガニックコットンなども使用し、手織り機を使った独自の手法でタペストリーなどを製作されています。

デザイナーの熊谷美沙子さんはほんわかとした雰囲気で笑顔が素敵な方で、オルネでの打ち合わせの際は愛犬の小梅ちゃんを連れてきてくれました。とても人懐っこい小梅ちゃんにオルネスタッフ一同メロメロでした!

熊谷さんの手で一つ一つ丁寧に編まれたマクラメは手仕事ならではのあたたかみを感じる1点ものです。
基本的にはPOP UP SHOPや展示販売会での販売となり、大量生産ができるものではないので、楽しみにお待ち頂いていたお客様も多く、展示販売会前から多くのお問い合わせを頂き、開店前から並んでお待ちくださったお客様もいらっしゃいました。

熊谷さんの人柄が表れているのか、お部屋の雰囲気が柔らかくなるような作品でしたので
その良さが伝わるように、誰かのおうちに遊びにきたような、ほっこりさせてくれるようなディスプレイにしております。

熊谷さんの作品はナチュラルな柔らかい色合いと立体感のある大胆なデザインが特徴で、
太さや素材感の異なる毛糸が巧みに組み合わさっているものでも、デザイン画はなく頭の中のイメージをそのまま形に。

ちなみにタペストリーを吊るす流木は旦那様のサーフィンの師匠で四国に住んでいる方が砂浜で拾って送って下さったものだそうですよ。

在庫は残りわずかとなっておりますが、作品自体は28日まで店頭にてご覧いただけますのでこの機会にぜひご来店くださいませ。

Christmas Marche

先週、オルネドフォイユにて松陰神社通り商店街にある”café Lotta(カフェロッタ)”のオーナー桜井かおりさんとChristmas Marcheを開催いたしました!
ご来店くださいました皆さま、誠にありがとうございます!

かおりさんにはロッタちゃんが描かれたロッタオリジナルトートバッグをご用意して頂きました。希望されたお客様にはかおりさんのサインも!もちろん私もサインしてもらいました!

さらにトートバッグをご購入頂いたお客様にはかおりさん特製のジンジャーコーディアルのプレゼントも!
金曜日も土曜日も寒かったのでかおりさんの笑顔とホットドリンクに皆さま癒されたのではないでしょうか。

金曜日には豪徳寺にあるパン屋カフェ「uneclef(ユヌクレ)」さんのシュトレンをご用意いたしました!

“tea”と”spice”の2種類をご用意頂いたので、迷われたお客様も多かったのではないでしょうか。寒い中開店前からお並びいただきまして、誠にありがとうございます。

土曜日には福岡県糸島市にある海辺の料理店、「Adansonia(アダンソニア )」さんのシュトレンをご用意いたしました。

今年はアダンソニアさんでは実店舗では販売しておらず、お取り扱い店舗での販売のみとのこと。
その中でオルネドフォイユで販売させて頂くことができて非常に光栄でした。

アダンソニアさんのシュトレンは白いお包みに包まれて、赤ちゃんのように大切に作られています。
白い布はお知り合いの沖縄在住の布作家の方に、一枚一枚縫い合わせてもらったパッチワークの布だそうですよ。

クリスマスを待つ間に少しずつスライスして食べていくシュトレン。
ご購入くださったお客様は少しずつ食べてらっしゃるのでしょうか。
それとも美味しすぎてあっという間に食べてしまったでしょうか。

クリスマス気分を皆さまと共有できて、スタッフ一同非常に楽しかったです!
皆さまどうぞ素敵なクリスマスを!