年に何度も海外に足を運ぶ、雑貨オジサンこと、谷です。
オリジナルアイテムを作ってくれる工房を訪ねたり、新しいアイテムを探したり。実は毎日ヘトヘト・・

今回はモロッコとインドネシアに行ってきました。
現地で足を使って、見つけてきたのはこんなアイテムたち!

Image Gallery

なかなか良いでしょう?
3回に渡って旅の模様と買い付けレポートをお伝えする特集。今回は、インドネシア編です!

前回のレポートはこちら
vol.1 モロッコで、野生に戻る編

2度目ましてのインドネシア。行ったのは、日本では観光地のイメージが強いバリ島です。

それにしても、やっぱり蒸し暑い。オジサンにはちょっときつい。

だけどバリ島は、風が抜けるし、自然も多くてとっても良いところでした。賑やかな通りから一歩入るだけで、こんな景色があるんですよ。

今回の旅もモロッコに引き続き、オリジナル製品の開発がメインの目的。
モロッコではクルミの木で、インドネシアではラタンなんです。

今回は元々作りたいイメージのラタンチェアがあって、その工房探しが難航・・
コーディネーターさんもツテがなく、すったもんだの末、良い工房を見つけられました!

地面に治具を置いて、制作物の大きさを綺麗に揃えるという作業を一回一回やっていたのが驚き。手がかかっているんだなぁ。

職人さんの仕事への取り組み方や、仕上がりのクオリティ、うまくコミュニケーションを取れるかどうかが分かるから、現地に行くのって大事ですね。

今回頼んだ商品は、6月と7月頃に発売する予定です!職人さん、頼んだぞ!

腹が減ってはなんちゃらって言いますし、ご飯も美味しく食べたオジサン。笑顔が素敵な中華系女性が営んでいる定食屋さんのナシ・チャンプル(インドネシア名物)が美味しかった!

実はオーストラリア人が多いバリ島。

ストローもガラスだったり、ビーガンメニューも対応していたり、今っぽいお店がいっぱいできていて驚きでした。

それは次の工房に向けて車で走っていた時のこと。
「あ、このお店良さそう」とオジサンのアンテナがビビビ。

車を停めてもらってお店に伺ったら、お店の奥は廃材でオブジェや家具を作っている工房でした。

作っているものを見せていただいて、さらにビビビ。
今回ご紹介するオブジェと、面白いチェアを買い付けることに決めました!

現地に行かないと見つけられないような物なので、見つけた時は興奮しました!偶然できたような、頭で考えていない感じ。その完成されすぎていないプロダクトに惹かれました。プリミティブ感もあり、こういうものが好きな人に届いて欲しいです。

ここまで読んで順調に旅をしているなと思った皆さん、実際は大変なんです。

現地で製造しているものをそのまま発注するわけではなく、こちらのアイデアや希望を職人さんの技術とすり合わせながら、商品を形にしていく。

しかも工房への移動に片道1時間半ほどかかるので、1日に2〜3軒しか回れない、などなど。
1日の終わりはヘロヘロでした。

そんなオジサンの楽しみは食後のアイス。
オジサン1人で、おしゃれカフェでアイス食べてました。

あとは、隙あらばマッサージ。

今回はあまりにも疲れすぎて、パンツ一丁の本気おじさんがやってくれるマッサージにも行っちゃいました。

年に何回も海外に行っているオジサン。

出張時に気になっているのが旅行ポーチ。巷で売っているやつは機能性重視であんまりオシャレじゃないんですよね。

「旅行で使いやすくって、テンションが上がるような旅行ポーチが作りたい。」
新しい夢ができました。発売される日も近いかも!?

次回は、モロッコ完結編です。

雑貨オジサン買い付けレポート

 
vol.2|2023.05.15
インドネシアで、ヘロヘロ編
 

2023.5.15

ブログに戻る