増田桐箱店 桐のキャニスター

 

増田桐箱店 桐のキャニスター

 

mki0004_レクタングル S

mki0004_レクタングル S 

mki0005_レクタングル M

mki0005_レクタングル M 

mki0006_レクタングル L

mki0006_レクタングル L 

mki0007_スクエア S

mki0007_スクエア S 

mki0008_スクエア L

mki0008_スクエア L 

上段:スクエアL、スクエアS/下段:レクタングルS

上段:スクエアL、スクエアS/下段:レクタングルS 

mki0004_レクタングルS

mki0004_レクタングルS 

mki0005_レクタングルM

mki0005_レクタングルM 

増田桐箱店 桐のキャニスター

¥6,050

+
        

並べても重ねても美しい、桐のキャニスター

桐箱の老舗「増田桐箱店」による、アクリル蓋スライド式の桐のキャニスター。

桐の調湿性の高さのおかげで、乾燥剤など使わずにコーヒー豆やパスタなど乾物の保存ができます。

並べても、重ねても佇まいが美しく、食品以外にも人形などの置物を飾るディスプレイケースとしても使えますよ。

シンプルで美しい、統一感のあるキッチン収納があると、毎日の台所仕事もさらに楽しくなりそう。

桐の防虫効果とすぐれた調湿性により、見た目だけでなく機能性も◎
パスタや種類豊富なスパイス、コーヒー豆など。美味しさをそのままに保管したい食品を入れてみてください。

レクタングル

レクタングルはS・M・Lの3サイズご用意いたしました。

底と蓋はぴたっとスタッキングできるようにデザインされています。

右上のように3サイズ積み重ねると、高さは約25cm。Lサイズは棒状のロングパスタがちょうど入る大きさです。

木の温もりがキッチンを柔らかい雰囲気に。ガラスなど異素材との組み合わせも◎

ディスプレイケースとして、大切なオブジェを入れておくのも◎

スクエア

スクエアはS・Lサイズの2種類ご用意いたしました。

深型のLサイズ。ガサッと食料品などを入れて、引き出しや棚にしまっておくことができます。キャニスター自体がシンプルなデザインのため、すっきりとした収納に。

浅型のSサイズ。蓋があると埃をかぶらないので便利ですよ。お盆のように使うのも良さそう◎
ディスプレイケースとしても使いやすいサイズです。


商品の特徴と注意事項

本体内側に溝があり、アクリルの蓋がスライドします。密閉容器ではありませんがしっかり閉まるキャニスター。開け口の継ぎ目は小さく、桐箱一筋の職人技を感じさせます。

こちらのキャニスターはスタッキング可能。縦に積み重ねると安定感があり、横に並べるとお店のディスプレイのよう。規格が同じなので、スクエアとレクタングルM、レクタングルSとレクタングルMなど、組み合わせて使ってもおしゃれですよ。

天然木から作られておりますので、一つ一つ木目や色合いには個体差がございます。

増田桐箱店

福岡県古賀市に工房を構える、1929年創業の増田桐箱店は、博多人形や三味線などの伝統工芸品の桐箱作りから始まりました。
近年は伝統的な桐箱に加え、若いユーザーに桐の魅力を伝えるべく自社オリジナルの桐の米櫃など、現代のライフスタイルにあった商品を手掛け注目を集めています。
調湿性や防虫性、クッション性が高く軽量であるなど日本の風土に適した桐製品は大切な方へのご贈答用にもお使いいただけます。

mki0004 - レクタングル S size:幅約14cm×奥行約10cm×高さ約8.5cm
重さ:約110g 
mki0005 - レクタングル M size:幅約21.5cm×奥行約10cm×高さ約8.5cm
重さ:約160g
mki0006 - レクタングル L size:幅約28cm×奥行約10cm×高さ約8.5cm
重さ:約210g 
mki0007 - スクエア S size:幅約21.5cm×奥行約20cm×高さ約9cm
重さ:約280g 
mki0008 - スクエア L size:幅約21.5cm×奥行約20cm×高さ約24.5cm
重さ:約480g

素材:本体)桐(蜜蝋仕上げ)、蓋)桐、アクリル

※日本製


【取り扱いに関して】

当商品は天然木を使用したハンドメイドとなります。木の性質上、実際の色・質感に差がある場合やへこみや傷がある場合がございます。

桐の調湿作用は湿気を吸収・放出を行います。香りの強いものを入れた場合、湿気と共に匂いも吸収するため匂いが桐に移りやすいくなります。

粉ものを直接入れると、木目に粉が詰まって調湿の妨げになる、蓋の部分に詰まり閉まりにくくなる等が起こることがあります。袋などに入れたままの保管を推奨しています。

本製品は耐水処理を施していないため、水濡れや洗剤での洗浄に適しておりません。洗浄は乾拭きか少量のアルコールを布につけやさしくお拭きください。